NTT DATA Global IT Innovator
NTTデータ経営研究所
English  お問い合わせ  サイトマップ
戻る サイト内検索
戻る

大野 博堂 OHNO, Hirotaka
パートナー,金融政策コンサルティングユニット本部長

大野 博堂 金融政策及び地域公共政策を中心に調査・分析・コンサルティング活動に従事。中央省庁における調査分析活動支援のほか、最近ではサイバーセキュリティ、フィンテック、マイナンバーなど、金融レギュレーション分析による金融業務へのインプリケーション支援や、地方創生をキーとした地方自治体向けアドバイザー業務などを中心に活動。金融制度対応や地方創生などのテーマを中心に年20回ほどの講演をこなす。
専門分野金融分野 リスクマネジメント 
専門領域
  • 中期経営計画策定支援
  • コーポレートブランド構築/広報・IR活動支援
  • 新規事業にかかるマーケット分析、新規事業の企画立案支援
  • BCP(事業継続計画)評価/策定/訓練支援
  • サイバーセキュリティ対策検討支援
  • 業務改善支援(BPR)
経歴 早稲田大学卒業後にNTTデータに入社。金融派生商品取引評価システム等の企画に従事。その後、大蔵省大臣官房総合政策課に出向し、金融マーケットを中心としたマクロ経済分析を担当するとともに、国会対応を経験。2006年よりNTTデータ経営研究所にて金融分野、地方公共政策でのコンサルティング活動に従事。
主な寄稿・講演実績

■書籍

■寄稿

  • 「TPPが邦銀経営に与える影響」(『金融ジャーナル』誌)
  • 「景気低迷下で伸長するマネーサプライ」(財務省発行『ファイナンス』誌)
  • 「信用収縮の構図とマネーサプライの動向」(『財政経済研究月報』誌)
  • 「証券業界にとどまらない株券電子化のインパクト」(『季刊・個人金融』)
  • 「法令等の整備が急がれる社会保障・税番号制度」(『金融財政事情』)

※その他、『金融財政事情』誌、『金融ジャーナル』誌、『バンクビジネス』誌などで多数寄稿

■講演

  • 金融分野のレギュレーション対応、マクロ経済動向、地方創生戦略などを中心に、150回を超える外部向け講演を経験。