• 「農山漁村活性化支援人材バンク」とは
  • 利用方法
  • 利用申込
  • 専門家情報
  • 専門家募集

専門家情報

専門家一覧(五十音順 PDFファイル)

  • 専門家検索
  • 支援分野別
  • 専門分野別

専門家情報を随時追加していきます。 ( 2016年7月25日 現在)

重複しないように各専門家の主となる専門分野にお名前を掲載していますが、その他の分野でも支援可能な方が多くいますのでご相談ください。

  1. (1)地域,集落振興
  2. (2)地域合意形成、事業主体形成
  3. (3)農村文化・環境の保全・活用
  4. (4)観光交流
  5. (5)特産品開発、地域産業・商業振興
  6. (6)地域ブランド創出
  7. (7)企業・大学・教育連携
  8. (8)健康・医療福祉連携
  9. (9)防災、鳥獣害等被害対策
  10. (10)危機管理、行政法律相談、IT・ICT

(5)特産品開発、地域産業・商業振興

あ行

  • 芦澤 香苗  kanaeフードビジネス研究所 代表 ・山梨県都留市での新事業(電子部品製造工場から植物工場への新規参入)立ち上げのコーディネートと商品化、メニュープランニング、販売戦略を支援。
    ・山梨県の伝統野菜の規格外品を活用した商品開発をプロデュース。「おおつかにんじんまめもち」「大塚にんじんアイスクリーム」などを商品化。国立大学教授、大豆飲料会社と和紙製造会社と連携して「大塚にんじんと乳酸菌を発酵させた飲料」の商品開発を行った。
    ・山梨県観光推進機構との連携で「フレッシュピーチとサマーベジタブルランチ」監修。山梨を訪れる観光客に山梨の果物や野菜の「逸品」でおもてなしを企画。
    ・富士吉田市内のリゾートホテルにオリジナルレシピを提案。高性能な体作りにこだわったアスリートのための食ツアーをコーディネート。
    詳細を見る(PDF)
  • 畦地 履正  株式会社四万十ドラマ 代表取締役http://shimanto-drama.jp/ ノウハウ移転事業(経済産業省) 青森県大間・福島県会津若松・石川県能都他 詳細を見る(PDF)

  • 飯坂 正弘  農研機構 中央農業総合研究センター 飯坂 正弘広島世羅高原6次産業ネットワーク
    宮城女川町、岩手大槌町、山田町の将来人口推計
    詳細を見る(PDF)
  • 石上 渉  株式会社NTTデータ経営研究所
    マネージャーhttp://www.keieiken.co.jp/services/consultants/ishigami_w.html 石上 渉道内中小企業における知的財産経営支援モデル調査事業(北海道経済産業局)
    広域関東圏における中小企業の知財戦略実態調査事業(関東経済産業局)
    北区イメージ戦略策定支援業務(東京都北区)
    中心市街地活性化普及啓発事業(東北経済産業局) 等
    詳細を見る(PDF)
  • 石田 文男  合同会社 BICS(ビックス) 執行役員CEO
    NPO法人 HIMIT(ハイミット) 副理事長 湘南物流(株) 全国の名産品・食品をスーパーマーケットとのマッチング
    平塚逸品研究会(全国一店一品運動の一環) 広報PR業務
    湘南ビジネス創造倶楽部(異業種交流)主宰 販路開拓や販売支援など
    各種講演活動(直近 平塚法人会研修会 Facebook活用術 など)
    詳細を見る(PDF)
  • 石塚 伸吾  グランクリュオーナーパティシエ ロールケーキの新市場を開拓
  • 五日市 知香  株式会社パイロットフィッシュ 代表取締役http://www.pilotfish.jp 五日市 知香(1)岩手県山田町の漁師さんがつくる牡蠣の燻製のオリーブオイル漬け「山田の牡蠣くん」、未利用資源(食材)アカザラ貝の燻製のオリーブオイル漬け「山田のあかちゃん」を商品プロデュース。岩手県水産加工品コンクールにて「岩手県知事賞受賞」
    (商品名・ロゴデザイン・パッケージデザイン含む)
    (2)岩手県二戸市チャレンジ支援事業 大西ファーム「ドライトマトのオリーブオイル漬け」「バーニャカウダー」を商品プロデュース。
    (商品名・ロゴデザイン・パッケージデザイン含む)
    詳細を見る(PDF)
  • 井村 亮太  特定非営利活動法人 地球緑化センター 緑のふるさと協力隊(19期・山形県舟形町) 詳細を見る(PDF)

  • 臼井 純子  オフィス・ウスイ コミュニティ・プロデュース 代表
    NPO法人 日本風景街道コミュニティ理事・事務局長 高知県、土佐まるごとビジネスアカデミー応用実践編「目指せ 弥太郎 商人塾」
    6年目
    詳細を見る(PDF)

  • 近江 正隆  (株)ノースプロダクション代表取締役 浦幌町での実践と実績
  • 大谷 妙人  NPO法人 グラウンドワーク福岡 大谷 妙人生産加工会社である合同会社煙家工房の設立(グラウンドワーク福岡の子会社) 詳細を見る(PDF)
  • 大和田 順子  一般社団法人ロハス・ビジネス・アライアンス 共同代表 総務省 緑の分権改革調査事業にて、宮城県大崎市、福島県いわき市、富山県南砺市の統括アドバイザー等
このページのトップへ

か行

  • 甲斐 寛人  ランドブレイン株式会社 福岡事務所 所長補佐 甲斐 寛人・北九州市小倉地区中心市街地活性化協議会タウンマネージャー
    ・嘉手納町観光振興基本計画策定
    ・西条紺屋町商店街テナントミックス施設計画策定
    ・西都市「食の拠点」施設整備基本計画策定
    ・道の駅かでな機能拡充基本計画策定業務
    詳細を見る(PDF)
  • 掛札 彰久  掛札マネジメントラボラトリーhttp://www.kakefuda.jp/ ・農商工連携 秋田市 印刷業 あきたこまちの市場性
    ・新規性、農商工連携 仙北市 レストハウス 田沢湖B麺開発
    ・農業6次産業化 横手市 大沢ファーム 葡萄ジュース製造販売
    ・農業6次産業化 仙北市 淡水魚養殖業 甘露煮・干物認定
    詳細を見る(PDF)
  • 片岡 由美  東京都中小企業診断士協会城南支部 2006年度 長野県小諸市「小諸まぼろしの特産品 商品開発事業(白いも商品シリーズ化)」、日光「水物語」/地域ブランドづくり・新商品開発
    2008・2009年度 農作物ブランド化研修(農林水産省つくば)
    詳細を見る(PDF)
  • 亀山 初美  四国ドリームビズ代表(NPO法人 農幸生活 代表理事)http://www.fmric.or.jp/facobank/data/11046.html 亀山 初美農林水産省主催 香川6次産業化サポートセンター
    厚生労働省主催 高校生に対する就職ガイダンス事業 参画(主に四国内高校)
    香川県広野牧場プロデュース MUCCA コーディネート
    香川県まつもと農園 ドライトマト及びピクルス商品化 コーディネート
    香川県四代目宗克丸 たこ商品化 コーディネート その他
    講演会依頼(昨年)和歌山県 愛媛県伊予銀行 香川大学農学部 等
    詳細を見る(PDF)
  • 川合 和明  藍青ジャパン株式会社 藍青アグリビジネス塾代表 川合 和明●大阪府立大学植物工場研究センター統括コーディネーター
    ●和歌山県南漁協/白浜漁協(田辺市)商品開発アドバイザー
    ●カタシモワインフード(株)(大阪府柏原市)地元産デラウェアでの総合化サポート
    ●奈良県曽爾村キノコプロジェクトアドバイザー
    ●パソナ農林漁業ビジネス経営塾講師
    詳細を見る(PDF)

  • 岸田 洋明  株式会社 彩洋 代表取締役 ・日本橋にて、伊勢崎、十日町、桐生、八王子、奄美大島等の地産品をPRする
    業界最大規模のきものイベントのプロデュース。
    ・岡山県の児島・井原のデニム生地を用いたデニムきものを大手出版社と
    販売PR。
    詳細を見る(PDF)

  • 楠元 武久  株式会社船井総合研究所 岩手県一ノ関市の6次産業化商品開発、販路構築コンサルティング
    福島県JA伊達みらい、地域の桃を使った商品開発
    岐阜県JA全農ぎふの子会社アグリフーズのドライフルーツ商品開発コンサル
    和歌山県JA紀の里の、地域の黒豆を使った商品開発 など多数実績あります
    詳細を見る(PDF)
  • 栗田 剛志  有限会社m9コンサルティング
    代表取締役 ・栃木県産大豆を使った豆腐のフリーズドライ化による菓子等の開発および販売
    ・栃木県産いちごを使ったワインの開発および販売
    ・地上栽培による自然薯とジャンボむかごの生産および粉末の開発・販売、兼業農家に向けた栽培方法の普及
    ・ヤシオマスを活用した加工食品などの開発・販売およびヤシオマスのブランド化
    ・栃木しゃもを活用した商品開発および販売
    ・栃木県産の原材料を使ったラスク等の新商品開発および販売
    詳細を見る(PDF)

  • 小宮山 美弘  テクノ・サイエンスローカル事務所 代表http://www.nns.ne.jp/~sumomo/ 小宮山 美弘1.山梨県全域、2.山形県酒田市 3.高知県高知市 4.広島県東広島市、5.沖縄県名護市、6.東京都立川市、7.宮崎県宮崎市 8.岩手県陸前高田市、9.石川県能登市、10.ベトナム国ハノイ市、11.中国重慶市 他 詳細を見る(PDF)
このページのトップへ

さ行

  • 齊藤 温文  株式会社びいと六十
    「地域資源の会」世話人代表 齊藤 温文◎日本百貨店の秋葉原店「食品館ちゃばら」の出店者支援(東京都秋葉原)
    ◎地域産品の販路開拓支援(佐賀県太良町・異業種研究会)
    ◎食のモデル地域育成事業(秋田県男鹿市)
    詳細を見る(PDF)
  • 佐伯 和正   佐伯 和正・防府市:山口・防府地区の銘菓開発委員会専門委員として、防府天神様の梅を素材とした銘菓の開発を行った。
    ・秋穂町(現:山口市秋穂):特産品開発専門家委員として、地元特産品であるニンジンを素材としたキャロットジャムの開発を行い、現在も道の駅等でお土産品として販売されている。
    ・むつみ村(現:萩市むつみ):特産トマトの有効利用法を農協より相談を受け、ワイン及びビネガーの開発を行った。
    詳細を見る(PDF)
  • 佐藤 栄一  一般社団法人札幌・北海道コンテンツ戦略機構 理事 事務局長http://www.shocs.jp ・海外メディアを活用した地域情報の発信(北海道全域)
    ・地域IT企業と大手IT企業との連携によるプロジェクト創出(北海道北見市)
    ・地域資源を活用した食の製造業者と商社のビジネスマッチングによる販路開拓(北海道北見市)
    詳細を見る(PDF)
  • 佐藤 翼  株式会社ただいま 代表取締役
    一般社団法人愛される商品開発会議 代表理事http://blog.tadaimainc.jp 佐藤 翼福岡県糸島市:首都圏における販売促進・プロモーション支援
    栃木県:農産物ブランディングに関する講演、新商品開発研修会企画開催
    長野県:地域観光会社と連携した農業体験事業企画
    詳細を見る(PDF)

  • 椎原 秀雄  中小企業診断士、行政書士事務所
    エースコンサルティング 代表 椎原 秀雄・奈良県トマトハウス栽培農家の経営改善計画策定の支援
    ・大阪府下農業生産者合同による会社設立に対する支援
    ・大阪府下の植物工場の経営改善計画策定支援
    ・大阪府下野菜農家のブランド化の研究(共同研究)
    ・大阪産ぶどうの活性化による地域振興(共同研究)
    ・大阪府下鶏卵農家の研究(共同研究)
    詳細を見る(PDF)
  • 篠原 伸雄  篠原技術士事務所 所長 篠原 伸雄(1) 山口県内の味噌製造企業(約30社)及び農協関係味噌製造所へ、味噌の理論及び原料(大豆・米・麦)の異なる味噌の発酵について、技術指導を行う。
    (2) 山口県内醤油製造企業(約70社)へ、技術指導を行い、味噌・醤油技能検定の指導講師を行う。
    (3) ゴマ、キビ、ヒエ、アワ等の雑穀を原料とする技術指導を行い。県内企業の製品化に結びつける。
    (4) 山口県内の食品製造企業(5社)へ、レトルト殺菌技術を指導し、ふるさと食品
    “あゆ雑炊”のレトルトパウチの製品化に結びつける。
    (5) メキシコ・ベラクルス州立大学研究所にて、微生物農薬(B.thuringiensisi)
    の分離と大量培養技術について、技術指導を行う。(2年半年間)
    詳細を見る(PDF)
  • 渋谷 清  ブランドネットワーク・インセプト 代表
    株式会社 シエル・ブルー 取締役http://homepage3.nifty.com/incept/ 渋谷 清6次産業化プランナー(鹿児島県、神奈川県、新潟県、中央)
    食農連携コーディネーター(FACO)
    地域プロデューサー
    企業関連のブランディング・デザイン開発等多数
    詳細を見る(PDF)
  • 島村 菜津  ノンフィクション スローフード運動
  • 城谷 耕生  スタジオシロタニhttp://www.koseishirotani.com/ 唐津「農陶祭」水産物のデザインなど

  • 菅 務  (一般社団法人)東京都中小企業診断士協会 菅  務*島根県中小企業支援センター・PM及び東京商工会議所応援ナビゲータ―での指導 詳細を見る(PDF)
  • 須川 一幸  東京富士大学 経営学部 イベントプロデュース学科 教授http://tiiki.net 須川 一幸(1)平成5年~グリーン・ツーリズム計画策定・現場指導(五ヶ瀬町、阿蘇町、呼子町他)
    (2)熊本県・佐賀県 中山間地域活性化「地域興しマイスター」
    (3)平戸市根獅子集落機能再編協議会アドバイザー
    (4)延岡商工会議所のべおか地域ブランド推進会議専門委員・延岡ずばなもん開発委員会専門委員
    (5)農産物直売所建設・立ち上げ・運営指導(熊本県72ヵ所、福岡県4ヵ所、佐賀県5か所、長崎県16ヶ所)
    (6)特産品開発(調査・開発・販路拡大)佐賀県、長崎県、熊本県
    詳細を見る(PDF)
  • 鈴木 栄治  株式会社システムプランニング 代表取締役
    民間コンサルタントhttp://www.spsystem.jp/ 鈴木 栄治1.中小企業庁・ミラサポ認定専門家派遣
    ・秋田県・白神工房の乳酸菌食材の商品ブラッシュアップ、・福島県・有限会社リフレ会津の熟成黒マカの事業計画支援。
    2.内閣府食プロ段位・レベル4&審査員&研修講師
    ・パソナ農援隊、販路コーディネータ―協会の食プロ1~3級研修講師
    3.一般社団法人日本セールスレップ協会・販路コーディネータ協会
    ・販路コーディネータとセールスレップ1~3級の資格取得の講師と審査員
    4.農林漁業成長産業化支援機構・中央六次産業化プランナー
    ・岩手県・盛岡地域特産品商談会の販路開拓相談
    5.東北6次産業化プランナー(福島・宮城・岩手)
    ・福島県農林部「6次産業創業塾」研修講師と6次産業化事業発表会審査員、地元参加企業15社の商品開発と事業プランを指導。
    ・福島県、相馬漁港の、どんこ肝つみれの六次産業化とメニュー開発支援。
    6.関東6次産業化プランナー(埼玉・群馬・茨城)
    ・埼玉県の美里オーストリッチファームの、六次産業化事業申請の支援。
    7.パソナグループの農林漁業塾と就農支援ビジネス塾研修講師を担当。
    青森、宮城、福島、東京、長野の各県で開催した、六次産業化事業、
    農商工連携事業に関わる、就農支援研修会やリーダー研修の講師
    8.福島県六次産業化創業塾。実践開発コース 研修講師&審査員 その他 宮崎県、山形県、鹿児島県など多数支援
    詳細を見る(PDF)
  • 鈴木 裕己  株式会社 プロ・スパー 代表取締役http://prospar.web.fc2.com/ 鈴木 裕己観光商業施設「きっときと市場」(富山県新湊市)の総合プロデュース
    販売施設設計、コンセプト立案、販売商品企画製造サポート
    全国提携漁港(漁業者)の広域販路開拓助言と実践、漁協の販路開拓コンサル(静岡県由比漁港他)
    水産分野6次産業化・販路開拓についての講演多数
    詳細を見る(PDF)

  • 千田 良仁  株式会社アイファイ 代表取締役(一般社団法人村楽代表理事、皇學館大学特命准教授
    久慈市地方創生アドバイザー、NPO法人てヲとる副理事を兼務)http://www.soumu.go.jp/main_content/000176932.pdf 千田 良仁■人材コーディネート事業(「田舎で働き隊!」、地域おこし協力隊等)
    ■都市農村交流推進事業
    ■地域資源利活用推進事業)
    ■起業者定住促進モデル事業の外部専門家
    ■観光中核人材育成事業
    ■おおやクリエイターズ・レジデンス事業
    ■三好市地域振興アドバイザー事業
    【講演実績】
    ・「どうやって鹿肉流通事業を立ち上げたか」2010年1月 西粟倉村森の学校(西粟倉村)
    ・「「商い」と「暮らし」をつなげる唐津流「山村経営」」2010年5月 唐津市(地域再生人材相談事業(ふるさと財団))
    ・「高付加価値商品・サービスの開発と地域内循環モデルの構築」2010年7月 中津川市(地域再生人材相談事業(ふるさと財団))
    ・「社会起業と地域アライアンス」2012年3月 養父市(おおや地域力創出 座談会)
    ・「地域課題の解決と地域ビジネスの創出に向けた地域内外の協働の在り方」2012年10月(中津川市)地域力創造セミナー(総務省) 他
    詳細を見る(PDF)
このページのトップへ

た行

  • 竹川 敏雄  (株)タケカワ経営事務所 代表取締役http://takekawa.net/keiei/ 竹川 敏雄山形県「缶詰・米菓・道の駅・機械・そば」等の商工・商店街・観光振興 詳細を見る(PDF)
  • 竹丸 巌  サンライズ産業開発 代表
    (個人事業主、事業内容;食品および水産業に関するコンサルティング) ・平成15~17年度まで、鹿児島県熊毛支庁農林水産課(種子島)に勤務し、屋久島、種子島での水産業改良普及業務(水産物販売促進や加工品開発等の普及による漁村振興)を担当した。
    ・平成18~20年まで、鹿児島県庁に勤務し、県内水産業普及事業の調整、漁業生産担い手育成(漁業就業支援など)、漁村施設等に関する補助事業の執行などを担当した。
    ・平成21年独立後、食品関係のコンサルティングとしては、宮崎県内で水産加工技術の指導を行ったほか、特許庁登録知財支援人材として九州各県(長崎を除く)で農産加工や水産加工の知財戦略策定支援活動(ブランド化、商標戦略など)を行った。
    詳細を見る(PDF)
  • 田中 好雄  日本技術士会登録グループ 技術士包装物流会、食品技術士センター、食品産業関連技術懇話会http://homepage3.nifty.com/tanakace/ 田中 好雄JICA専門家として、ボリビア青果物流通機能改善指導、ケニア零細起業家育成指導、タイ食品安全プロジェクトなど 詳細を見る(PDF)
  • 田上 康朗  九州地域中小企業等支援専門家連絡協議会(通称:九州志士の会)理事
    地方産業経営研究所 代表http://jatsudon.jimdo.com/ 田上 康朗1-熊本・五木村うまかもんプロジェクト(農商工連携アドバイザー)
    2-広島・三原道の駅「神明の里」新規オープン総合プロディース(6次産業化プランナー)
    3-鹿児島・薩摩川内 道の駅「遊湯館」売上倍増プロジェクト(6次産業化プランナー)
    詳細を見る(PDF)
  • 玉川 眞奈美  株式会社インフィ二バリュー 代表
    山梨県栄養士会地域活動事業部 中北支部長
    山梨広域活性化協会
    都留市の活性化を考える女性の会 監査
    野菜ソムリエコミュニティ山梨 監事
    農業女子サポーター
    やまなし食育応援団http://www.infinivalue.jp/ 玉川 眞奈美*山梨県菓子工業組合総会講演 “山梨県の農産物活用による菓子、土産品の開発と表示法改正について”
    *都留市女性の会 わさびいなりサミットにて 都留市の地域資源である山葵使用の商品開発について
    *長野市 蔵元経営者と地域在来種ベリー使用のノンアルコール発酵ドリンク開発中 ベリーリキュール使用の健康ドリンク開発 酒メッセにて紹介
    *山梨県北杜市 米粉de商品開発プロジェクト実施
    *甲府市産スウィートコーンきみひめ 使用の農業生産法人向け商品開発と甲府市“甲府之証”認定
    *甲府市上九農産物直売所 PRと高冷地高齢者の手がける農産物商品開発
    *甲府市風土記の丘農産物直売所広報宣伝
    *山梨県みらいファンドによる“地域資源のはねだし農産物使用の高齢者向け 非常食開発”
    *渋谷のパルコにて山梨県物産展企画 及び運営 *富士川町地域活性化事業 萌えキャラ“富士川桜柚波”によるクールジャパン推進
    *北杜市メニュー開発チャレンジ事業 5か所飲食店、パン工房、道の駅向け地域資源活用の新メニュー開発及びチラシ作成
    *山梨県増穂商業高校 授業にて開発した地域農産物を広げるコンセプト“ふじロフ”が山梨県おもてなし大賞受賞及びやまなし産業支援機構ビジネスプランコンテスト高校生の部最優秀
    詳細を見る(PDF)

  • 土屋 建人  特定非営利活動法人 地球緑化センター 緑のふるさと協力隊(17期・長野県泰阜村) 詳細を見る(PDF)
  • 都築 冨士男  株式会社都築経営研究所代表取締役
    株式会社農商工連携推進本部代表取締役
    全日本農商工連携推進協議会会長
    元株式会社ローソン・ジャパン代表取締役社長 都築 冨士男1)講演(これからの中小企業・農業経営、成功事例に学ぶ、危機をチャンスに、地域活性化)、2)コメの流通、3)地域活性化、4)廃校を活用した地域活性化 詳細を見る(PDF)

  • 鄭 裕華  特定非営利活動法人 地球緑化センター 緑のふるさと協力隊(12期・埼玉県大滝村) 詳細を見る(PDF)

  • 杤尾 圭亮  株式会社 船井総合研究所
    パブリックイノベーションチーム プロジェクトマネージャーhttp://www.machiokoshi.net/ 杤尾 圭亮岩手県 一関市 もち食文化による世界ブランド構築戦略
    高知県 安芸市 じゃこ食文化による世界ブランド構築戦略
    山梨県 富士河口湖町 地域資源を活用した特産品開発
    千葉県 旭市 道の駅建設に向けたアドバイザリー
    鹿児島県 西之表市 にぎわい創出基本計画策定
    詳細を見る(PDF)
このページのトップへ

な行

  • 内藤 茂三  食品・微生物研究所 所長 こうなん特産品開発推進委員会委員(江南市、19年), 農業技術功労者表彰(18年) 詳細を見る(PDF)
  • 中澤 さかな  道の駅/萩しーまーと 駅長 本拠地萩市での当事者としての実践経験をベースに、平成18年~現在まで、全国23市町村の地域食資源開発・直売所開発を継続的(隔月定期訪問 3~5ヶ年)にお手伝いしてきました。 詳細を見る(PDF)
  • 中嶋 聞多  事業構想大学院大学
    事業構想研究科長
    事業構想研究所長
    教授 中嶋 聞多NPO法人信州・大学地域連携プロジェクト創設
  • 中塚 貴洋  中塚ビジネスコンサルティング代表https://www.linkedin.com/in/tnconsulting ・岡山県商工会連合会において、創業・経営革新支援実績多数
    ・全国商工会連合会において、地域ビジネスモデルのアドバイス400件
    ・中小企業基盤整備機構において、農商工連携・地域資源の経営支援
    ・財務省管轄のプロジェクト推進における表彰
    詳細を見る(PDF)
  • 中畑 千弘  朝日大学マーケテイング研究所 所長http://www.asahi-bplan.com/marketing/project.html 中畑 千弘・商店街活性化事業「一宮あきんど塾」で課題を抱える店舗改革を指導
    ・経済産業省・福井県補助事業 敦賀一店逸品創造を指導し、商品開発をサポート
    ・瑞穂市の柿を使ったと特産品開発アドバイザーとして、商品化をサポート
    ・商品名:柿色彩々 (富有柿を使った和洋菓子)産学連携により、500名に及ぶ消費者試食調査を実施して消費者ニーズにあった商品開発を実施。商品開発にとどまらず、メディアを利用して販路開拓、販売促進活動を行い、商品を広くアピールすることに成功した。
    ・産学連携「ヒットメーカーに学ぶ 商品開発塾」の企画運営
    ・瑞穂市「駅前商店街等活性化推進事業調査研究委員会」専門委員として、駅前の活性化施策を推進
    ・北方町「広域連携調査研究事業」として北方町の商店に関する調査を受託実施
    ・「岐阜県製材工場体質強化経営セミナー実施事業委託業務」選定委員
    詳細を見る(PDF)
  • 中村 哲雄  前 葛巻町長
    一般社団法人葛巻町畜産開発公社顧問
    岩手大学非常勤講師http://www.shibuya-univ.net/professor/detail/207/ 中村 哲雄内閣府地域活性化伝道師として岡山市、備前市、瀬戸内市で講演 詳細を見る(PDF)
  • 鍋井 慎也  愛媛県新居浜市役所 愛媛県新居浜市を中心に地域づくりやボランティア活動を25年続けている。
    仕事では、地域再生マネージャー事業(ふるさと財団)地域再生等担い手育成支援事業(国土交通省)合併市町村地域資源活用事業(地域活性化センター)などを担当。都市再生モデル調査(内閣府)食品流通高付加価値モデル推進事業に係る地産地消推進モデル事業(食流機構)などに関わる。
    男性だけの育児サークルを平成16年から主催。
    詳細を見る(PDF)
このページのトップへ

は行

  • 濱田 大器  株式会社 エールバリュー ・東京都北区での広報戦略策定支援
    ・岐阜県美濃加茂市、滋賀県彦根市、宮崎県日向市と、各々の周辺地域での広域での地域振興策定に関する調査(総務省委託)
    詳細を見る(PDF)

  • 福井 功  (有)キャメルスタジオ 取締役社長http://www003.upp.so-net.ne.jp/ichikawa/CAMEL-top.html 福井 功●食料産業クラスター事業コーディネーター。二十世紀梨を使った「梨ドリンク」などを商品化。福井が缶のデザイナーとしても関わった「鳥取県産二十世紀梨チューハイ」は、平成21年度農水省総合食料局長賞を受賞。
    ●「市川地域ブランド協議会」コーディネーター 千葉県市川市(2008年~)「市川の梨」「市川のお魚」「いちかわバラ物語」のキャラクター・デザインも手掛け、市川の新商品開発に関わっている。
    ●千葉県・JA西船橋による「農商工連携」法認定業務。「小松菜」を使った新商品は、西船橋を中心に大きな広がりを見せている。
    ●2011年、2012年と、総務省による「全国過疎問題シンポジウム」の全大会コーディネーターを務める。
    ●その他、東北、関東、中国地方などでの数々の商品開発、観光商品開発、まちづくりなどに関わっている。
    詳細を見る(PDF)
  • 古屋 浩  葡萄屋甲府 博報堂レアプランツ
このページのトップへ

ま行

  • 牧 大介  (株)西粟倉・森の学校 代表取締役 カフェ、家具、ツアー、研修などで実績
  • 益田 文和  学校法人桑沢学園 東京造形大学 教授
    株式会社オープンハウス 代表取締役 1.国土建設株式会社において工業化住宅の設計業務に従事。
    2.(株)デザインオフィスバックスにおいてプロダクトデザイン業務に従事。
    3.インダストリアルデザイナーとして独立し、大手メーカーを中心に製品開発に関わるデザイン業務を請けおう。
    4.ドイツに本社を置くフロッグデザイン社東京事務所デザインディレクター。
    5.株式会社オープンハウスにおけるデザイン活動。
    6.エコデザイン研究所における環境配慮素材の研究。
    7.Gマーク(グッドデザイン賞)審査委員としての活動。
    8.(財)新潟県県央地域地場産業振興センター コディネータ。
    9.新潟県、山梨県、高知県、富山県、神奈川県などの地域産業振興。
    10.O2 GLOBAL NETWORKメンバーおよび日本代表としての活動。
    11.エコデザイン学会およびエコプロダクツ展の立ち上げ。
    12.サステナブルデザイン国際会議の主催(2006年~2013年毎年開催)
    13.DESIS network の活動を通した世界の社会デザインネットワークとの連携。
    14.東京造形大学教授として東日本大震災復興支援活動。
    15.カンボジア、インドネシアなどでのコミュニティビジネス支援活動。
    詳細を見る(PDF)
  • 町田 直子  NPO法人ACTY 理事長
    株式会社ACプロモート 代表取締役 ・お土産品開発『八戸うみねこバクダン」のプロデュース。
    ・『三陸海鮮 うみねこのたまご揚げ」など開発
    ・中心街にて懐かしいみなとまちの原風景を再現した『街カフェみなと』をプロデュース。
    詳細を見る(PDF)
  • 松本 章  Matsurica since 1978
    6次産業化プロデューサーhttp://www.6sapo-center.net/ 松本 章ミシュランレストラン、外食グループ企業の商品開発。
    大手企業のPB商品のワインを作り、復興支援の目的で1本当たり100円を河北新報社を通し、日本赤十字社へ寄付。現在まで12000本販売。
    詳細を見る(PDF)
  • 政所 利子  株式会社 玄 代表取締役 ・平成21年度JAPANブランド育成支援事業総合プロデューサー(足利商工会議所)
    ・2011年北区おでんプロジェクト総合プロデューサー(東京商工会議所北支部)
    ・2012年(伊)スローフード展出展総合プロデューサー(農林水産省) 他
    詳細を見る(PDF)

  • 水井 澄人  株式会社 ラフィネット総合企画 代表取締役 過去5年間に携わった.地域特産品開発事業及び全国展開プロジェクト事業
    福島県長沼町(現須賀川市)/埼玉県久喜市/埼玉県小鹿野町/山梨県南部町
    茨城県古河市/千葉県鋸南町/茨城県那珂市/福島県三島町
    和歌山県日置川町(現白浜町)/山梨県山梨市商工会
    詳細を見る(PDF)
  • 水野 正文  郡上大和総合開発株式会社 総支配人 三重県尾鷲市(尾鷲夢古道の立地計画等)徳島県つるぎ町(温泉施設のコンセプト作成、開業指導、阪神高速道路(株)PAモニタリング調査、国内外の団体の講演多数 詳細を見る(PDF)
  • 三原 寛子  料理ユニット南風食堂主宰 南風食堂WHOLE COOKING
  • 三宅 曜子  株式会社クリエイティブ・ワイズ 代表取締役
    株式会社マーケティング・ナビ 代表取締役
    一般社団法人日本タイものづくり協会理事長 ●愛媛県の水産品の商品開発とブランディング(愛南びやびやかつお等)
    ●茨城県筑西市や野菜を活用した商品開発(筑西キムチ)
    ●北海道清水町 牛乳を活用した商品開発(ミルク鍋)
    ●愛媛県畜産品商品開発とブランディング (愛媛甘とろ豚・媛っこ地鶏)
    ●北海道沼田町農産品商品開発とブランディング(雪中米・とまと等)
    ●新潟県農産品商品開発とブランディング(魚沼産こしひかり)
    ●宮城県大崎市発酵食品商品開発とブランディング(酒、米、大豆)
    ●栃木県畜産品商品開発とブランディング(ブラウンスイス牛乳)
    特に愛媛県においては、近年の畜産(ブランド牛=愛媛あかね和牛)、柑橘(ブランド柑橘甘平=Queenスプラッシュ)、完全養殖に成功した高級魚(スマ=伊予の媛貴海)のブランド化、およびマーケティング全般を行う。またタイ国政府商務省DITPの依頼で、タイの農水産物、およびその加工品の商品開発や部ランディング、また日本とタイの企業を結び新たな商品開発のプロデュースを行っている。
    詳細を見る(PDF)
  • 宮武 功  慶應義塾大学大学院システムデザイン・マネジメント研究所 研究員
    一般財団法人 元気ジャパン 上席研究員http://genki-japan.com 宮武 功・岩手県陸前高田市の陸前高田市観光物産協会内で着地型観光推進組織
    「まるごとりくぜんたかた協議会」の運営コーディネートに参画し、
    多様な主体(行政・市民団体・建設会社等)協働による復興観光メニュー作成
    教育旅行誘致プログラム(生命プログラム)作成
    ・和歌山県と慶應義塾大学の連携による「和歌山県の魅力の可視化及び広報戦略の策 定をコーディネイト(2012)・和歌山県、橋本市、出版社、釣りライター、物販業者の連携にて海外展開を見据え、和歌山県橋本市の伝統工芸品である紀州へら和竿のリール装着可商品を開発、販売拡大をコーディネート(2012)
    詳細を見る(PDF)

  • 村林 新吾  相可高校食物調理科教諭 高校生レストラン「まごの店」

  • 本部 映利香  株式会社ドゥーイット 代表取締役http://doitinc.com/ 本部 映利香鹿児島県で安納芋プリンのコンセプト作りから、商品PR・,取材等を行い、スーパーマーケット・トレードショー(こだわり食品フェア)では、至上最高の数の試食関心者を集客することが出来た。また6次産業化においては、福島県でこんにゃくを使った健康食品のコンセプトを確立し、ショップチャンネル等の通販において、1品目で1億4千万円の売上を短期で確保することが出来た。 詳細を見る(PDF)
このページのトップへ

や行

  • 矢吹 ちおり  エルベプランナーズ 代表http://www.elever-p.com/ ・埼玉県宮代町「メイドインみやしろ推奨品認定アドバイザー」
    ・茨城県古河市商工会「一店逸品カタログ」制作プロデュース
    ・山梨県山梨市商工会「地域特産品開発」アドバイス 等
    詳細を見る(PDF)
  • 山下 政続  種子島食品科学研究所http://www.fmric.or.jp/ 山下 政続・種子島西之表市において「安納いもグラッセ」の開発、特産品化の推進、大手航空会社機内販売納入時における品質保証体制の構築
    ・種子島特産の細たけのこの鮮度保持技術の開発と島外販売の推進
    ・種子島近海産のトビウオの冷凍すり身の開発と商品化
    ・高知県芸西村特産の黒糖(白玉糖)を利用した商品開発支援
    詳細を見る(PDF)
  • 山本 謙治  グッドテーブル代表 食の流通コンサルタントの第一人者

  • 吉田 着  特定非営利活動法人 地球緑化センター 緑のふるさと協力隊(14期・長野県栄村) 詳細を見る(PDF)
  • 米田 佳代子  NPO法人 農商工連携サポートセンター 米田 佳代子・農林水産省6次産業化事業認定治実績 9件(愛媛県)・あこや貝の食用天下事業(宇和島市)・廃棄花卉のプリザードフラワー等加工事業(西条市)・新感覚のサラダ漬物開発事業(鬼北町)・規格外果実の加工品開発事業(今治市)・機能性を活かした食品開発事業(内子町)・規格外魚の加工品開発事業(西予市)・未利用魚を使った商品開発事業(八幡浜市)水産資源を使ったレシピ開発等) 詳細を見る(PDF)
このページのトップへ

わ行

  • 渡邉 和寛  (株)ロッテ本社マーケティング統括部
    パッケージング・デザイン企画部
    パッケージング企画室 主査 渡邉 和寛(1)昭和48年~大手食品メーカーで菓子新製品開発実績(雪見だいふく開発、爽アイスパッケージ開発、クーリッシュアイスコンセプト開発)及び新規事業プランの立案。(2)平成21年6月 新規需要米制度を利用した新規事業立案。新規需要米利用のアイデア開発。農業参入の実現可能性について調査、「秋田県潟上市における 新商品用原料米確保プロジェクト」の事業構想について、課題と解決の方向性について調査、検討。(3)平成24年5月 新潟県上越市の「農産物等販売促進セミナー」のサポート。(4)平成24年12月新潟県上越市の農業法人「株式会社 穂海」のCVS向けご当地アイスの品質設計、原価計算、安全衛生、表示規約等のサポート。(5)平成25年1月 中小企業支援ネットワークワーク強化事業の専門家として福島県白河市、南相馬市の中小企業数社の新商品開発のサポート。食品、菓子の品質管理、地元農産物を利用した6次産業化商品アイデアだし、機械化等のサポート。(6)平成25年7月~12月 福島県白河市ひがし地区 鍋メニュー開発。ひがし商工会。品質設計、包装設計、パッケージ食品衛生法表示等のアドバイス。(7)平成25年12月~平成26年2月 株式会社 早稲田総研インターナショナル主催 ワセダ アグローカル スクールにて「農林水産業の6次産業化」を担う人材の育成セミナー講師。 詳細を見る(PDF)
  • 渡部 茂夫  有限会社team-Aコーポレーション 代表取締役http://www.team-a.jp 新潟県での6次化推進案件で、(株)鎌田養鶏のプレミアムた卵と使ったスイーツ、クレマカタラーナの開発、販売開拓をプロデュース。 詳細を見る(PDF)
このページのトップへ