EHCについて

EHCについて

エネルギーハーベスティングコンソーシアム(EHC)とは

エネルギーハーベスティングコンソーシアム(EHC)は、日本国内の企業の力を結集してエネルギーハーベスティング技術(環境発電技術)を国際的に競争力のあるビジネスとして早期に実現化を目指すコンソーシアムです。

EHCは、アダマンド工業株式会社(現:アダマンド株式会社)、シチズン時計株式会社、株式会社豊田中央研究所、日本電気株式会社、パナソニック エレクトロニックデバイス株式会社(現:パナソニック株式会社)、株式会社富士通研究所、富士フイルム株式会社、ブラザー工業株式会社、株式会社村田製作所、株式会社 山武(現:アズビル株式会社)、ルネサス エレクトロニクス株式会社、ローム株式会社、および株式会社NTTデータ経営研究所(事務局)が共同で2010年5月14日に設立いたしました。

EHCでは、優れた要素技術を有している日本企業が、エネルギーハーベスティング技術において、欧米と比較して遅れをとっている、研究開発・実証、蓄電技術や無線技術等と統合した完成度の高い製品の商品化・実用化に向けた活動を推進していきます。

コンソーシアムの体制

エネルギーハーベスティング技術を活用するためには、蓄電技術や電源回路技術、センサー技術、低消費電力無線技術などと組み合わせることが必要ですが、1社でこれらすべての領域をカバーする事は困難です。
EHCでは、エネルギーハーベスティング技術や関連技術のシーズを保有する企業、エネルギーハーベスティングのニーズを持つ企業、そして両社のコーディネート機能を持つ企業などが集まって早期の実用化を目指しています。

コンソーシアムの体制

コンソーシアム会員は民間企業のみですが、以下の5名の先生方に、アドバイザーに就任いただいています。

東北大学工学研究科 ナノメカニクス専攻 ナノテクノロジー講座 情報ナノシステム分野 教授
桑野 博喜 先生

京都大学 生存圏研究所 教授
篠原 真毅 先生

東京大学 大学院工学系研究科 機械工学専攻 教授
鈴木 雄二 先生

東京大学 新領域創成科学研究科 人間環境学専攻 教授
保坂 寛 先生

独立行政法人産業技術総合研究所 エネルギー技術研究部門
熱電変換グループ長 兼 燃料電池システムグループ長
山本 淳 様

(50音順)