オープンイノベーションによる脳科学の産業応用を推進「異分野の研究者・異業種の民間企業からなるコンソーシアム」

トップページ > CANについて > 活動概要一覧 > 応用脳科学リサーチプロジェクト2017

『応用脳科学リサーチプロジェクト2017』

~応用脳科学の最新動向とヘルスケア分野の発展~

『応用脳科学リサーチプロジェクト2017』

1. 概要

 『応用脳科学リサーチプロジェクト2017 ~応用脳科学の最新動向とヘルスケア分野の発展~ 』では、2016年版に引き続き、ますます活発化する応用脳科学の最新状況を明らかにするため、海外グローバル企業による応用脳科学研究とその事業活用の最新動向、及びその基盤となっていると考えられる脳神経科学研究や脳活動計測技術について包括的な調査を実施し、最新のトレンドを整理しました。
2017年版では特に「スペシャルレポート」として、ヘルスケア産業に注目し、アンチエイジングやメンタルヘルスに関する事例をピックアップしています。また人事に活かせる脳科学的知見として「マインドフルネス」や「ニューロリーダーシップ」等の事例も掲載する予定です。

2. 特色

  • 各研究事例を「どうやって」事業活用するかを分析
  • 「応用脳科学に取り組む企業」「ニューロベンチャー企業」の要約リスト
  • ヘルスケア分野における脳神経科学の応用
  • 応用脳科学研究に関する最新トレンドを知ることで今後の事業活用の方向性を掌握

本文イメージ(左):収集した記事の書誌事項とともに方法や使用器具、詳細な説明を独自に付与
附録イメージ(右):ニューロベンチャー企業一覧、領域別に、国名、企業名、設立年、取組テーマ等を掲載

収集した記事の書誌事項とともに方法や使用器具、詳細な説明
報告書目次
はじめに
第1章 概要
  1. 1.応用脳科学とは
  2. 2.リサーチレポート2017
  3. 3.脳神経科学研究の支援政策
第2章 本編
  1. 1.ニューロR&D
    1. ① 機器制御<BMI>
    2. ② 機能回復・向上<Neurofeedback>
      エイジング・学習への応用
    3. ③ 化粧品・食
    4. ④ 空間・環境
  2. 2.ニューロマーケティング
    1. ① センサリーマーケティング
    2. ② 広告・デザイン
    3. ③ 購買行動 
  3. 3.人事に活かせる脳科学的知見
    1. ① 「働き方」と脳科学
    2. ② マネージメント・リーダーシップ
    3. ③ 健康管理とマインドフルネス
  4. 4.ヘルスケアにおける脳科学
    1. ① アンチエイジング
    2. ② 睡眠
    3. ③ 食と運動
    4. ④ 運動
    5. ⑤ 食
第3章 調査結果を踏まえたトレンド分析
  1. 計測機器の多様化、ヘルスケアにおける予防系研究の増加、ニューロベンチャー企業の増加
第4章 附録
  1. 1.脳領域の表記方法
  2. 2.脳活動計測技術
  3. 3.脳活動計測技術及び機器等の開発・提供企業
  4. 4.ニューロベンチャー企業
  5. 5.応用脳科学に取り組む企業
  6. 6.本編で紹介した基盤となる脳神経科学研究一覧
第5章 まとめ

3.価格

500,000円(消費税別途)
※早期購入特典として、2017年3月末日迄にお申込頂きますと、通常価格より割引にてご購入頂けます。
※4月1日以降は通常価格の 500,000円(消費税別途)となります

≪早期購入特典≫ CAN会員(特別会員・R&D研究会員・一般会員・協賛会員)の方
<通常価格の40%引>: 300,000円(消費税別途)

CAN会員以外の方
<通常価格の24%引>: 380,000円(消費税別途)

4.販売時期

絶賛発売中!
※ご購入お申込後、随時発送します。

5.納品物

調査報告書:冊子1冊(A4判)
※附録:電子データ(本文PDFファイルおよび第4章のリストExcelファイル)

6.お問合せ・お申込方法

  • 専用お問合せフォーム(▶https://www.keieiken.co.jp/can/contact/index.php)よりお問合せ頂くか、お名前・ご所属・ご連絡先明記の上、
    まで、ご連絡ください。
ページトップへ