オープンイノベーションによる脳科学の産業応用を推進「異分野の研究者・異業種の民間企業からなるコンソーシアム」

トップページ > CANについて > 活動概要一覧 > 応用脳科学アカデミー

応用脳科学アカデミー

基礎的知識に加え事業活用に必要な脳科学の知識を習得できる学習の場

応用脳科学アカデミーは、世界的にも権威のある日本を代表する研究者を中心に、脳科学の基礎知識から最先端の知見にいたる専門的な研究知見を有する脳科学及びその関連領域の研究者の方々を講師として招聘し、事業活用という観点から脳科学を学ぶことで、応用脳科学研究及びその事業活用に貢献する他に類の無い人材育成のプラットフォームです。

応用脳科学アカデミーは、必要最低限の脳科学の知識や倫理に関する知識を学ぶ「ベーシックコース」と、各論からなる「アドバンスコース」に大別されます。「アドバンスコース」では、各業界が共通して持つ企業課題に対応できるような講義が設計されており、受講生はそれぞれの企業活動に役立つ脳科学の知見を習得することができます。

企業のニーズと脳に関連する学問領域

応用脳科学アカデミーの講義のシラバス
ページトップへ