オープンイノベーションによる脳科学の産業応用を推進「異分野の研究者・異業種の民間企業からなるコンソーシアム」

トップページ > アカデミー一覧 > 応用脳科学アカデミーテクニカルコース「生体信号による感性把握技術:新指標の開発例と実用例」

応用脳科学アカデミーテクニカルコース「生体信号による感性把握技術:新指標の開発例と実用例」

タイトル
生体信号による感性把握技術:新指標の開発例と実用例
講師紹介

株式会社電通サイエンスジャム

飯田 剛史 氏
電通サイエンスジャム プランニングディレクター

  • 前職はマーケティングリサーチ会社でデジタルマーケティング事業部に所属
    現職では、営業・リサーチプランニングを主に行い、事業開発業務も担っている
セミナー概要
感性アナライザの活用事例と新指標 ValenceとArousal
セミナー内容
1. 計測個所・取得できる脳波及び機器・技術の紹介
2. 脳波計測による感性把握技術「感性アナライザ」のご紹介
3. 実用例の紹介
4. 車室環境構築実験の紹介
5. 新指標の開発 ArousalとValenceの紹介
6. 備考(感性アナライザについて)
開催日時
2019/1/29(火) 13:30~15:00
開催場所
▶エッサム神田ホール第1号館 601(東京都千代田区神田鍛冶町3-2-2)
お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。
ページトップへ