オープンイノベーションによる脳科学の産業応用を推進「異分野の研究者・異業種の民間企業からなるコンソーシアム」

トップページ > アカデミー一覧 > 応用脳科学アカデミーベーシックコース「応用脳科学の基礎」第4回(井ノ口先生・大隅先生)

応用脳科学アカデミーベーシックコース「応用脳科学の基礎」第4回(井ノ口先生・大隅先生)

タイトル「脳の機能と記憶:記憶はコントロールできる」

講師紹介

井ノ口 馨(いのくち かおる)先生

  • 井ノ口先生 写真
    【現職】
    • 富山大学大学院医学薬学研究部・医学部 教授
  • 【ご経歴】
    • 1979年名古屋大学農学部農芸化学科卒業
    • 1984年名古屋大学大学院農学研究科博士課程修了、農学博士
    • 1985年~1990年三菱化学生命科学研究所 副主任研究員
    • 1991年~1993年米国コロンビア大学医学部 博士研究員
    • 1991年~1993年Howard Hughes Medical Institute リサーチアソシエート
    • 1991年~1993年ニューヨーク州立精神医学研究所 博士研究員
    • 1993年~2009年三菱化学生命科学研究所 主任研究員、グループディレクター
    • 1999年~2001年早稲田大学理工学研究センター 客員助教授
    • 2001年~2009年横浜国立大学 客員教授
    • 2007年~2013年科学技術振興機構 略的創造研究推進事業 CREST研究代表者
    • 2008年~現在日本不安障害学会理事
    • 2009年~現在富山大学大学院医学薬学研究部(医学)教授
    • 2010年時實利彦記念賞
    • 2011年AND Investigator Award
    • 2013年文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)
  • 【研究概要】
    • 「記憶」の分子機構を明らかにすることを目標として研究を進めています。「記憶」という巨大な象を理解するためには、鼻や足や胴体だけを触って「記憶とはホースのようなものだ」「いや柱のようなものだ」「いやいや壁のようなものだ」と言っていても始まらないわけで、あらゆる方向からのアプローチが必要です。私たちは、「分子レベルでの理解」を合い言葉に、分子生物学・生化学から細胞生物学・組織化学・電気生理学・行動薬理学までの幅広いアプローチを取ることにより、「記憶形成」メカニズムの理解を深めようとしています。 最近は、特に、「記憶が連合して新しい意味を持つものにアップデートされるメカニズム」を研究の中心に据えています。
  • 【主なご業績】

    英文論文

    1. Yokose J, Okubo-Suzuki R, Nomoto M, Ohkawa N, Nishizono H, Suzuki A, Matsuo M, Tsujimura S, Takahashi Y, Nagase M, Watabe AM, Sasahara M, Kato F, and Inokuchi K. (2017) Overlapping memory trace indispensable for linking, but not recalling, individual memories. Science, 355: 398-403. doi:10.1126/science.aal2690
    2. Nomoto M., Ohkawa N., Nishizono H., Yokose J., Suzuki A., Matsuo M., Tsujimura S., Takahashi Y., Nagase M., Watabe A.M., Kato F., and Inokuchi K. (2016) Cellular tagging as a neural network mechanism for behavioral tagging. Nature Communications, 7: 12319. doi:10.1038/ncomms12319
    3. Ohkawa N., Saitoh Y., Suzuki A., Tsujimura S., Murayama E., Kosugi S., Nishizono H., Matsuo M., Takahashi Y., Nagase M., Sugimura Y.K., Watabe A.M., Kato F., and Inokuchi K. (2015) Artificial Association of Pre-stored Information to Generate a Qualitatively New Memory. Cell Reports, 11, p261-269 (2015). DOI: 10.1371/journal.pbio.10020701.
    4. Kitamura T, Saitoh Y, Takashima N, Murayama A, Niibori Y, Ageta H, Sekiguchi M, Sugiyama H and Inokuchi K. Adult neurogenesis modulates the hippocampus-dependent period of associative memory. Cell, 139; 814-827 (2009)
    5. Okada D, Ozawa F and Inokuchi K. Input-specific spine entry of soma-derived Vesl-1S protein conforms to synaptic tagging. Science, 324; 904-909 (2009)

    日本語著作他

    1. 井ノ口馨:記憶をあやつる. 角川選書、 KADOKAWA (2015)
    2. 井ノ口馨:記憶をコントロールする-分子脳科学の挑戦-,岩波科学ライブラリー,岩波書店,(2013)
    3. 井ノ口馨(監修)、細胞工学(秀潤社)2011年5月号特集:記憶を分子・細胞の言葉で理解する,vol.30 (2011)

開催概要

講義内容
脳の様々な機能の中でも、「記憶」は最も基礎的かつ重要なものの一つです。人間の精神の営みは記憶なしでは成り立ちませんし、認知症を見るまでもなく、自分が自分であることを認識する上で記憶の果たす重要性は明らかです。
本講義では、脳の情報処理のメカニズムをわかりやすく解説すると同時に、記憶が脳内に蓄えられる仕組みについての最新の研究成果をお話しします。さらに、記憶が強化されたり、消失したり、変容するメカニズムについても触れたいと思います。
また、最新の脳科学研究の成果を用いて、モデル動物で人為的に複数の記憶を連合させたり、記憶同士の関連付けを切り離したりする方法なども講義します。
「独創的なアイデアも、結局は既存の複数のアイデアを結びつけたものだ」ということであれば、人為的に記憶を連合させたり切り話したりする方法のインパクトもご理解頂けるものと思います。
日時
2017年9月22日(金)13:30~17:00(13:10より受付開始)
※ 井ノ口先生のご講義は、13:30~15:00です。
場所
▶ワテラスコモン(御茶ノ水)
(東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地)
お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

タイトル「脳の発生・発達・維持と脂質栄養」

講師紹介

大隅 典子(おおすみ のりこ)先生

  • 大隅先生 写真
    【現職】
    • 東北大学大学院医学系研究科 発生発達神経科学分野 教授
    【ご経歴】
    • 1985年東京医科歯科大学歯学部卒。
    • 1989年同大学院歯学研究科修了。歯学博士。
    • 1989年同大学歯学部助手、1996年国立精神・神経センター神経研究所室長を経て、1998年より東北大学大学院医学系研究科教授(現職)。
    • 2006年東北大学総長特別補佐(男女共同参画担当)、2008年東北大学ディスティングイッシュトプロフェッサーに就任。
    • 2004年より科学技術振興機構CREST「ニューロン新生の分子基盤と精神機能への影響の解明」研究代表者、2007年より東北大学グローバルCOE「脳神経科学を社会へ還流する研究教育拠点」拠点リーダーを務める。
    • 2006年より東北大学女性研究者育成支援推進室副室長として振興調整費による「杜の都女性科学者ハードリング支援事業」を推進、同年、女性研究者育成支援態勢整備の促進に貢献したとして、「ナイスステップな研究者2006」に選定。
  • 【研究概要】

    専門分野:発生生物学、分子神経科学 現在の主要なテーマ:*脳の発生発達維持の分子機構 *神経新生低下と精神疾患発症の関わり *脳の健康を保つ栄養

  • 【主なご実績】

    国際誌原著

    • Matsuo, T.*, Osumi-Yamashita N.*, Noji, S., Ohuchi, H., Koyama, E., Myokai, F., Matsuo, N.,Taniguchi, S., Doi, H., Iseki, S., Ninomiya, Y., Fujiwara, M., Watnabe, T., & Eto, K.: Amutation of the Pax-6 gene in rat ""small eye"" was associated with migration defect of midbrain crest cells. Nature Genet. 3, 299-304, 1993(*ともに筆頭著者)
    • Watanabe, A., Toyota, T., Owada, Y. et al.: Fabp7 maps to a quantitative trait locus for a schizophrenia endophenotype. PLoS Biol 5(11), e297, 2007
    • Tsunekawa, Y., Britto, J.M., Takahashi, M., Polleux, F., Tan, S-S., & Osumi, N. Cyclin D2 in the basal process of neural progenitors is linked to non-equivalent cell fates. EMBO J 31, 1879-1892 (2012).
    • 他112編

    著書・訳書

    • 「脳からみた自閉症 「障害」と「個性」のあいだ」 (ブルーバックス) 、「心を生みだす遺伝子」(ゲアリー・マーカス著、岩波現代文庫)、「エッセンシャル発生生物学」(ジョナサン・スラッグ著、羊土社)、「脳の発生発達 神経発生学入門」(朝倉書店)、「なぜ理系に進む女性は少ないのか?」(西村書店)等多数。

開催概要

講義内容
脳の中には1000億もの神経細胞と、さらにその数倍の数のグリア細胞が存在し、神経機能を営んでいます。このような脳の細胞は「神経幹細胞」というタネの細胞から作られ、大部分は胎児期に生まれますが、例えば海馬の中などでは生涯にわたって神経細胞が産生され続けることが知られています。このような「神経新生」と呼ばれる現象は、遺伝的なプログラムによって支配されていますが、運動、睡眠、栄養のような環境因子によっても左右されます。本講義では、とくに種々の栄養因子が脳の構築や機能にどのように影響するのかについて最新の知見を平易なことばでお話ししたいと思います。例えば「脳細胞はショ糖しか利用できない」という話は本当なのか、「魚を食べると頭が良くなる」のかどうか、是非、講演を聴いてみて下さい。
日時
2017年9月22日(金)13:30~17:00(13:10より受付開始)
※ 大隅先生のご講義は、15:15~16:45です。
場所
▶ワテラスコモン(御茶ノ水)
(東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地)
お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。
ページトップへ