オープンイノベーションによる脳科学の産業応用を推進「異分野の研究者・異業種の民間企業からなるコンソーシアム」

トップページ > アカデミー一覧 > 応用脳科学アカデミーベーシックコース「応用脳科学の基礎」第1回(片岡先生・熊田先生)

応用脳科学アカデミーベーシックコース「応用脳科学の基礎」第1回(片岡先生・熊田先生)

タイトル「脳科学の基礎知識(1)」

講師紹介

片岡 洋祐(かたおか ようすけ)先生

  • 片岡先生 写真
    【現職】
    • 国立研究開発法人理化学研究所生命機能科学研究センター 細胞機能評価研究チーム・チームリーダー
    • 理研-JEOL連携センター マルチモダル微細構造解析連携ユニット・ユニットリーダー(兼務)
    • 岐阜大学大学院連合創薬医療情報研究科・客員教授
    • 岡山大学大学院医歯薬学総合研究科・客員教授
    【ご経歴】
    • 平成4年3月滋賀医科大学医学部卒業
    • 平成4年4月京都大学大学院入学(医学研究科博士課程生理系専攻)
    • 平成8年3月京都大学大学院医学研究科博士課程修了(医学博士取得)
    • 平成8年4月-平成13年3月(財)大阪バイオサイエンス研究所・研究員
    • 平成13年4月-平成17年6月関西医科大学医学部解剖学・講師
    • 平成17年7月-平成21年3月大阪市立大学大学院医学研究科システム神経科学・講師
    • 平成21年4月-平成25年3月(独)理化学研究所分子イメージング科学研究センター細胞機能イメージング研究チーム・チームリーダー
    • 平成25年4月-平成30年3月国立研究開発法人理化学研究所ライフサイエンス技術基盤研究センター細胞機能評価研究チーム・チームリーダー
    • 平成30年4月- 現職
  • 【研究概要】

    脳や身体の疲労や炎症、老化のメカニズムと予防・治療法について、個体レベルから分子・細胞レベルまでを結びつけながら研究をおこなっています。特に、身体の中で分子や細胞がどのような役割を担っているのか、また、こうした病態や老化とどのように関係しているのかを、個体まるごとでイメージングできる陽電子放射断層撮影法(PET)や組織・細胞が観察できる光学顕微鏡、そして、細胞内部までを詳細に観察できる電子顕微鏡を組み合わせて調べています。さらに、こうした分子・細胞レベルの基礎研究成果を、人間の日常生活での気分改善や健康増進へ応用するための新たな手法・技術を開発することを目指しています。

  • 【主な業績】

    英文論文

    • Tamura, Y., Takahashi, K., Takata, K., Eguchi, A., Yamato, M., Kume, S., Nakano, M., Watanabe, Y., and Kataoka, Y. Noninvasive evaluation of cellular proliferative activity in brain neurogenic regions in rats under depression and the treatment by enhanced [18F]FLT PET imaging. J. Neurosci., 36, 8123-8131 (2016).
    • Yamano, E., Sugimoto, M., Hirayama, A., Kume, S., Yamato, M., Jin, G., Tajima, S., Goda, N., Iwai, K., Fukuda, S., Yamaguti, K., Kuratsune, H., Soga, T., Watanabe, Y., and Kataoka, Y. Index markers of chronic fatigue syndrome with dysfunction of TCA and urea cycles. Sci. Rep. 6: 34990 (2016).
    • Nakano, M., Tamura, Y., Yamato, M., Kume, S., Eguchi, A., Takata, K., Watanabe, Y., and Kataoka, Y. NG2 glial cells regulate neuroimmunological responses to maintain neuronal function and survival. Sci. Rep. 7: 42041 (2017).
    • Kume, S., Nishimura, Y., Mizuno, K., Sakimoto, N., Hori, H., Tamura, Y., Yamato, M., Mitsuhashi, R., Akiba, K., Koizumi, J., Watanabe, Y., and Kataoka, Y.. Music improves subjective feelings leading to cardiac autonomic nervous modulation: A pilot study. Front. Neurosci. 11: Article 108 (2017).
    • Tamura, Y. and Kataoka, Y. PET imaging of neurogenic activity in the adult brain: toward in vivo imaging of human neurogenesis. Neurogenesis 4(1): e1281861 (2017).
    • Tamura, Y., Takata, K., Eguchi, A., Kataoka, Y. In vivo monitoring of hair cycle stages via bioluminescence imaging of hair follicle NG2 cells. Sci. Rep. 8, 393 (2018).
    • など

    日本語論文

    • 片岡洋祐、武坂寿夫 気分の動きをみる新しい技術「KOKOROスケール」自動車技術第66巻12号86-90 (2012).
    • 片岡洋祐 原因別疲労動物モデルと分子神経病態 日本生物学的精神医学会誌 24, No. 4, 211-217 (2013).
    • 片岡洋祐、久米慧嗣 メタボローム解析による疲労病態研究と慢性疲労症候群診断バイオマーカーの開発 医学のあゆみ Vol. 249 No. 4 299-303 (2014).
    • 片岡洋祐 各種生体データを用いた疲労・ストレス評価 製品開発のための生体情報の計測手法と活用ノウハウ -脳計測・生理計測に基づく客観的な感性評価を商品へ活かす- 149-156 (2017).
    • 田村泰久、片岡洋祐 神経炎症制御にかかわるNG2グリア 特集『「病は気から」の謎に迫る Neuroimmunology』 実験医学 (医学書院), 第36巻 第3号 389-393 (2018).
    • など

    講演

    • 平成28年1月26日 第11回スマートウエルネス研究会 「情動変化の科学的解明と新事業開発への応用」
    • 平成28年12月14日 ベネッセ地域医療セミナー 「認知症への理解 ~脳科学の視点で~」
    • 平成29年1月20日 健康科学ビジネス推進機構「快適性の追及」事業家コンソーシアム 「疲労および情動変化の科学的解明とヘルスケア産業への応用」
    • 平成30年4月13日 日中平和友好条約締結40周年記念フォーラム・アジア・プライマリ・ヘルスケアフォーラム2018 「日本・理化学研究所における抗疲労・ヘルスケア研究とその展開」
    • など

開催概要

講義内容
「もの」と「情報」があふれる社会から、「幸福」・「快適」社会への転換が模索され始めています。そうした中、「こころ」と脳の関係など、脳科学への関心も高まっています。しかし、一般に、脳の機能を理解することは大変難しいと思われており、ビジネスにどのように利用すればよいかわからないといった声もよく聞きます。本講義ではさまざまなビジネスに携わる方を対象に、脳の機能について基礎から解説し、ビジネスへの応用に結び付くポイントをお示しします。第1回目は脳がはたらく基本原理について、特に脳はその領域(場所)によって受け持つはたらきが異なることや、脳を構成する細胞について解説いたします。また、脳の神経回路の最小単位であるニューロンの基本的な機能について説明いたします。
日時
2018年8月28日(火)13:30~17:00(13:10より受付開始)
※ 片岡先生のご講義は、13:30~15:00です。
場所
▶ワテラスコモン(御茶ノ水)
(東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地)
お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

タイトル「脳科学応用のための心理学基礎」

講師紹介

熊田 孝恒(くまだ たかつね)先生

  • 熊田先生 写真
    【現職】
    • 京都大学大学院 情報学研究科 知能情報学専攻 教授/
    • 理化学研究所 脳科学総合研究センター 理研BSI-トヨタ連携センター 認知行動科学連携ユニット 連携ユニットリーダー
  • 【ご経歴】
    • 1986年筑波大学第2学群人間学類 卒業
    • 1991年筑波大学博士課程心理学研究科 修了(教育学博士)
    • 1991年‐1992年日本学術振興会特別研究員(PD)
    • 1992年通商産業省工業技術院 製品科学研究所 研究員
    • 1993年通商産業省工業技術院 生命工学工業技術研究所 研究員
    • 1998年‐1999年バーミンガム大学行動脳科学研究センター 研究員
    • 2001年産業技術総合研究所 人間福祉医工学研究部門 視覚認知機構グループ グループ長
    • 2010年産業技術総合研究所 ヒューマンライフテクノロジー研究部門 認知行動システム研究グループ グループ長
    • 2012年理化学研究所 脳科学総合研究センター 理研BSI-トヨタ連携センター 認知行動科学連携ユニット 連携ユニットリーダー
    • 2013年現職
  • 【研究概要】
    • 人間の認知機能、特に注意機能や実行機能に関する、心理学的研究、神経心理学的研究、脳機能解析学的研究、さらに、それらの現場での問題への適用に関する研究に従事
  • 【主なご実績】
    • "Kumada, T. (2014). The effect of search mode on dimension weighting. Frontiers in Psychology, 5, 1054(1–14).
    • Kumada, T. (2010). A search order lost effect: Ignoring a singleton distractor affects visual search efficiency. Vision Research. 50, 1402-1413.
    • Suto. S., & Kumada, T. (2010). Effects of age-related decline of visual attention, working memory and planning functions on use of IT-equipment. Japanese Psychological Research. 52, 201–215.
    • 河原純一郎・熊田孝恒・小島史靖・森山拓・篠田晃 (2011). PTPシートの識別性を定量的に測定する-逐次判断法の開発-、包装技術 49, 21-26.
    • 熊田孝恒・須藤 智・日比優子 2009 高齢者の注意・ワーキングメモリ・遂行機能と認知的インタフェース、心理学評論, 52, 363-378.
    • 熊田孝恒(編著) 2015 「商品開発のための心理学」 勁草書房
    • 熊田孝恒 2012 「マジックにだまされるのはなぜか? 注意の認知心理学」 化学同人社
    • 熊田孝恒 2011 「注意の脳科学」 原田悦子・篠原一光(編) 注意と安全 北大路書房 pp. 36-60.

開催概要

講義内容
現場での問題を脳科学によって理解し、その成果を商品開発などにつなげるためには、ツールとして脳科学を活用するための研究の枠組みや、モデル、仮説などを考える必要がある。現場の問題を吟味し、基礎科学の方法で検証可能な問題を設定することが、応用脳科学の重要なポイントであるが、このような現場での問題や現象、実験で検証可能なレベルにモデル化し、仮説を構築し、その仮説を検証するための実験を考えるのは、心理学の最も得意とするところである。ゆえに基礎脳科学と現場をつなぐ応用脳科学にとって心理学の方法論を活用することは極めて有用であるといえる。本講義では現場と脳科学をつなぐという観点から、心理学的な方法論や考え方を、実例を挙げながら解説する。特に、現代の心理学において用いられている主な研究手法を、心理学的な概念や現象の可視化という観点から解説する。ここでは、心理物理学的測定法、調査法、エスノグラフィーなどの質的研究法、多変量解析や構造方程式モデリングなどを取り上げる。また、心理学的な概念を実験によって明らかにするための基礎である、要因計画、剰余変数の統制、最適な独立変数・従属変数の選択、尺度の問題、仮説検定、主観評価などを解説する。さらに実験参加者(被験者)の集め方や、最適な実験参加者数、検定力、実験場面の設定の仕方、などのより実践的な問題についても考えてみたい。特に、個人差をどう考え、どう扱うかといった心理学の中でも近年急速に進展している問題についても実例を交えて解説する。
日時
2018年8月28日(火)13:30~17:00(13:10より受付開始)
※ 熊田先生のご講義は、15:15~16:45です。
場所
▶ワテラスコモン(御茶ノ水)
(東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地)
お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。
ページトップへ