オープンイノベーションによる脳科学の産業応用を推進「異分野の研究者・異業種の民間企業からなるコンソーシアム」

トップページ > アカデミー一覧 > 応用脳科学アドバンスコース「脳と人工知能・ロボット」第2回(長尾先生・今井先生・淺間先生)

応用脳科学アドバンスコース「脳と人工知能・ロボット」第2回(長尾先生・今井先生・淺間先生)

タイトル「深層学習から浸透学習へ」

講師紹介

長尾 智晴(ながお ともはる)先生

  • 長尾先生 写真
    【現職】
    • 横浜国立大学 大学院環境情報研究院 教授
    • YNU人工知能研究拠点 拠点長
    【ご経歴】
    • 東京工業大学 総合理工学研究科博士課程後期中退(助手就任のため)。90年博士号取得。同大学工学部附属像情報工学研究施設助手、助教授を経て、01年より現職。横浜国立大学発ベンチャー(株)マシンインテリジェンス取締役CTOを兼務。多数の企業との共同研究など、産学官連携に尽力中。

    所属学会:電子情報通信学会、情報処理学会、電気学会、人工知能学会、計測自動制御学会、映像情報メディア学会、進化計算学会、進化経済学会、日本ロボット学会、日本視覚学会、医用画像情報学会、IEEEなど。

  • 【研究概要】

    進化計算法に基づく進化的機械学習をベースにして、画像・音声処理、視知覚情報処理、分散人工知能、神経回路網・並列分散処理、進化計算法、金融工学、ロボティクス、マンマシンインタフェース、医工連携工学、感性情報処理など、人と機械の知能に関する広範囲な学際領域を研究対象としている。

  • 【主なご実績】
    • 【主な著書、編著書】
      • 「図解入門よくわかる最新 画像処理アルゴリズムの基本と仕組み」(秀和システム)
      • 「進化的画像処理」(昭晃堂)
      • 「最適化アルゴリズム」(昭晃堂)
      • など多数。

開催概要

講義内容
現在、機械学習法として深層学習(ディープラーニング)が注目されており、企業の業務への適用が検討されていますが、構造の最適化が必要、処理がブラックボックスになって説明困難、多数の学習データが必要、などの課題があり、それらを解決するための手法が検討されています。また、長尾らは学習時のみ利用可能な情報を学習時と運用時の両方で利用可能な情報に浸透させる新しいニューラルネットワークモデルである“浸透学習”を開発しました。本講義では、深層学習ブームの次に来ると考えられる講演者らが提唱する“進化的機械学習”、及び“浸透学習”の原理と最近の成果について解説します。また、企業でのAIの導入・利用方法についても私見を述べます。
日時
2019/1/17(木)13:00~17:30(12:40より受付開始)
※ 長尾先生のご講義は、13:00~14:20です。
場所
▶ワテラスコモン(御茶ノ水)
(東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地)
お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

タイトル「人の目を意識できる人工知能を目指して」

講師紹介

今井 倫太(いまい みちた)先生

  • 今井先生 写真
    【現職】
    • 慶應義塾大学理工学部 教授
    • 株式会社ATR知能ロボティクス研究所 非常勤研究員
    【ご経歴】
    • 1992年 3月慶應義塾大学理工学部電気工学学科卒業
    • 1994年 3月慶應義塾大学大学院理工学研究科計算機科学専攻修士課程修了
    • 1994年 8月日本電信電話株式会社ヒューマンインタフェース研究所
    • 1997年 3月株式会社ATR知能映像通信研究所 研究員
    • 2001年10月株式会社ATRメディアコミュニケーション科学研究所 研究員
    • 2002年 3月慶應義塾大学大学院理工学研究科開放環境科学専攻博士課程修了
      博士号取得(工学博士開放環境科学専攻)
    • 2002年 4月慶應義塾大学 理工学部 助手
    • 2002年10月株式会社ATR知能ロボティクス研究所 非常勤研究員
    • 2002年11月科学技術振興機構 さきがけタイプ「相互作用と賢さ」研究員
    • 2003年4月慶應義塾大学 理工学部 専任講師
    • 2005年4月慶應義塾大学 理工学部 助教授
    • 2007年4月慶應義塾大学 理工学部 准教授
    • 2014年4月慶應義塾大学 理工学部 教授
  • 【研究概要】
    • 人とコミュニケーションできる知能ロボットの研究を、コンピュータ科学・人工知能・認知科学の観点から研究している。特に、人の認知特性を考慮してロボットをデザインすることで、人間社会で人と共生できるロボットの実現を目指している。
  • 【主なご業績】
    • 今井 倫太, 「インタラクションの認知科学」, 新曜社, 2018
    • 2017年ドコモモバイルサイエンス賞社会科学部門優秀賞受賞.
    • T Kashiwabara, H Osawa, K Shinozawa, M Imai,“TEROOS: a wearable avatar to enhance joint activities”, Proceedings of the SIGCHI Conference on Human Factors in Computing Systems (CHI2012), 2001-2004, 2012.
    • O Sugiyama, T Kanda, M Imai, H Ishiguro, N Hagita, Y Anzai, “Humanlike conversation with gestures and verbal cues based on a three-layer attention-drawing model”, Connection science, Vol.18, no.4, 379-402, 2006.
    • H Osawa, J Mukai, M Imai, “Anthropomorphization of an object by displaying robot”, Proceedings of ROMAN 2006, 763-768, 2006.
    • T Kanda, H Ishiguro, M Imai, T Ono,“Development and evaluation of interactive humanoid robots”, Proceedings of the IEEE, vol.92, no.11, 1839-1850, 2004.
    • M Imai, T Ono, H Ishiguro,“Physical relation and expression: Joint attention for human-robot interaction”, IEEE Transactions on Industrial Electronics, Vol.50, no.4, 636-643, 2003.
    • T Ono, M Imai, R Nakatsu, “Reading a robot's mind: a model of utterance understanding based on the theory of mind mechanism”, Advanced Robotics, Vol. 14, no.4, 311-326, 2000.
    • M Imai, K Hiraki, T Miyasato,“Physical constraints on human robot interaction”, Proceedings of IJCAI99, 1124-1130, 1999.

開催概要

講義内容
人工知能技術によって大量のデータから特徴量を見つけることができ、機械が世界を認識したり、人の知的な処理の一部を実現できるようになってきた。しかし、人と人がインタラクションするように、人と機械がインタラクションすることはまだ難しいのが現状である。特に、機械学習が発展する中で、人工知能システムが何を基準に行動しているのか不明確になり、人と機械の意思疎通が難しくなる可能性が指摘されている。本講義では、人が機械の振る舞いをどう捉えるかといった観点を、人工知能システムに持たせる手法を解説するとともに、人の目を意識した人工知能システムが可能となるインタラクションについて説明する。
日時
2019/1/17(木)13:00~17:30(12:40より受付開始)
※ 今井先生のご講義は、14:30~15:50です。
場所
▶ワテラスコモン(御茶ノ水)
(東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地)
お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

タイトル「脳内身体表現と ファースト&スローダイナミクス」

講師紹介

淺間 一(あさま はじめ)先生

  • 淺間先生 写真
    【現職】
    • 東京大学大学院工学系研究科精密工学専攻 教授
    • 同大学人工物工学研究センター 教授(兼務)
    【ご経歴】
    • 昭和57年3月東京大学工学部精密機械工学科 卒業
    • 昭和59年3月東京大学大学院工学系研究科修士課程 修了
    • 昭和61年8月東京大学大学院工学系研究科博士課程 退学
    • 昭和61年9月理化学研究所化学工学研究室研究員補
    • 平成元年9月工学博士(東京大学)
    • 平成元年12月理化学研究所化学工学研究室 研究員
    • 平成8年4月理化学研究所生化学システム研究室 先任研究員
    • 平成10年8月理化学研究所研究基盤技術部技術開発促進室 副主任研究員
    • 平成11年11月理化学研究所工学基盤研究部技術開発促進室 室長
    • 平成14年11月東京大学人工物工学研究センター 教授
    • 平成21年11月東京大学大学院工学系研究科 教授
  • 【研究概要】
    • ロボット技術により社会的問題を解決し、新たな価値を創造するためのサービス・ロボティクスの研究を行っています。具体的には、人が満足するサービスを創造する方法論を明らかにし、状況に応じて適切なサービスをオンライン・実時間で提供できる人工物システム(サービスメディア)の構築を目指し、人を知るための基礎研究(移動知、身体性システム科学)、人と接するための開発研究(ロボティクス、空間知能化、ヒューマン・インタフェース)、人が使うための応用研究(サービス工学:介護、災害対応、技能教育など)を行っています。
  • 【主なご実績】
    • 論文
      • H. Asama, T. Fujii, H. Kaetsu, I. Endo, T. Fujita; "Distributed Task Processing by a multiple Autonomous Robot System Using an Intelligent Data Carrier System", Intelligent Automation and Soft Computing, An International Journal, vol. 6, no. 3, pp. 215-224, (2000).
      • Y. Ikemoto, Y. Ishikawa, T. Miura, H. Asama: "A Mathematical Model for Caste Differentiation in Termite Colonies (Isoptera) by Hormonal and Pheromonal Regulations", Sociobiology, Vol. 54, No. 3, pp. 841-859 (2009).
      • Shiro Yano, Yusuke Ikemoto, Hitoshi Aonuma, Hajime Asama: "Forgetting curve of cricket, Gryllus bimaculatus, derived by using serotonin hypothesis," Journal of Robotics and Autonomous Systems, vol. 60, no. 5, pp. 722-728 (2012).
      • W. Wen, A. Yamashita and H. Asama: "The Sense of Agency during Continuous Action: Performance is More Important than Action-Feedback Association", PLoS ONE, Vol. 10, No. 4, e0125226, pp. 1-16 (2015).
      編著
      • H. Asama, H. Kurokawa, J. Ota, K. Sekiyama eds.: "Distributed Autonomous Robotic Systems 8", Springer, (2009).
      • 淺間 一,他:"移動知-適応行動生成のメカニズム(移動知シリーズ第1巻)", オーム社, pp. 1-5, 15-19, 37-45, 223-229 (2010).

開催概要

講義内容
サービス・ロボティクスにおいては、二つの点で人間を理解することが極めて重要である。サービス受容者を満足させるにはサービスを提供する対象としての「人」を理解する必要がる。また、サービスロボットに求められる適応的機能を実現する新たなヒントが、人や生物の適応的機能発現のメカニズムを理解することで得られる可能性がある。
本講演では、ヒトをはじめとする生物の適応的運動・行動機能が生成されるメカニズムを構成論的アプローチによって明らかにしようとする移動知研究、脳内身体表現が生成、更新されるメカニズムやその脳内身体表現のスローダイナミクスを構成論的アプローチによって明らかにしようとする身体性システム科学研究などについて紹介する。これらは、ロボティクス、認知心理学、神経生理学などの学際的な研究である。また、本講演では、身体意識(運動主体感,身体保有感)に基づくロボットの遠隔操作、サービスにおける認知心理的な価値(満足感,メンタルストレス)などについても触れる。
日時
2019/1/17(木)13:00~17:30 (12:40より受付開始)
※ 淺間先生のご講義は、16:00~17:20です。
場所
▶ワテラスコモン(御茶ノ水)
(東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地)
お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。
ページトップへ