オープンイノベーションによる脳科学の産業応用を推進「異分野の研究者・異業種の民間企業からなるコンソーシアム」

トップページ > アカデミー一覧 > 応用脳科学アカデミーベーシックコース「脳と身体・記憶・情動」第2回(吉田 先生・井ノ口 先生・梅田 先生)

応用脳科学アカデミーベーシックコース「脳と身体・記憶・情動」第2回(吉田 先生・井ノ口 先生・梅田 先生)

タイトル「意識・無意識、視覚サリエンス」

講師紹介

吉田 正俊(よしだ まさとし)先生

  • 吉田 正俊 写真
    【現職】
    • 生理学研究所 システム脳科学研究領域 認知行動発達機構研究部門 助教
    【ご経歴】
    • 1995年 東京大学大学院薬学系研究科薬学専攻修士課程 修了
    • 1996年 科学技術振興事業団心表象プロジェクト 研究員
    • 2001年 文部省科学研究費(特別推進) 学術研究支援員
    • 2003年 学位取得:博士(医学)
    • 2003年 生理学研究所・認知行動発達研究部門 助手
    • 2006年 生理学研究所・認知行動発達研究部門 助教(現在に至る)
    • (2010年 南カリフォルニア大学工学部 訪問研究者)
  • 【研究概要】
    • 脳損傷からの機能回復のメカニズムの解明を目指して、ヒト及びサルを対象とした研究を行ってきました。大脳皮質の後頭部にある視覚野が損傷した患者で起こる「盲視」という現象があります。この患者では視野が欠けている、つまり見えていない部分があるのにもかかわらず、その見えていない部分にあるものに反応することができます。この現象は我々の脳では「意識経験として見えていること」と「視覚情報を行動に利用できること」が別々に処理されていることを示しています。逆のパターンを示す症例として「半側空間無視」というものがあります。半側空間無視では、左側の視野は欠けていないのに、そちらにあるものに反応することができません。私はこの盲視と半側空間無視のモデル動物を対象として、眼球運動と神経活動の計測から視覚的気づきと視覚的注意の関係について研究してきました。
  • 【主なご業績】
      主要な学術論文
    • Tian X., Yoshida M., Hafed ZM. (2018) Dynamics of fixational eye position and microsaccades during spatial cueing: the case of express microsaccades. J Neurophysiol 2018 Feb 21. doi: 10.1152/jn.00752.2017. Yoshida M., Hafed ZM. and Isa T. (2017). Informative Cues Facilitate Saccadic Localization in Blindsight Monkeys. Front. Syst. Neuroscience. 11:5. doi: 10.3389/fnsys.2017.00005. Veale R., Hafed ZM. and Yoshida M. (2016). How is visual saliency computed in the brain? Insights from behaviour, neurobiology, and modeling. Phil Trans Roy Soc B 372(1714). pii: 20160113. doi: 10.1098/rstb.2016.0113 Yoshida M., Isa T. (2015) Signal detection analysis of blindsight in monkeys. Sci Rep 5:10755. Yoshida M., Itti L., Berg D.J., Ikeda T., Kato R., Takaura K., White B.J., Munoz D.P., Isa T. (2012) Residual attention guidance in blindsight monkeys watching complex natural scenes. Curr Biol 22(15):1429-1434. Yoshida M., Takaura, K., Kato, R., Ikeda, T., Isa, T. (2008) Striate cortical lesions affect deliberate decision and control of saccade: implication for blindsight. J Neurosci 28(42): 10517-10530. Naya Y., Yoshida M., Miyashita Y. (2001) Backward spreading of memory-retrieval signal in the primate temporal cortex. Science 291, 661-664.

    • 主要な解説論文
    • 吉田正俊 (2018) 自由エネルギー原理と視覚的意識. 日本神経回路学会誌 25(3) 出版中
    • 吉田正俊 (2014) サリエンシー・マップの視覚探索解析への応用. 日本神経回路学会誌 21(1): 3-12
    • 吉田正俊. (2014) 盲視の神経現象学を目指して. 東北大学倫理学研究会紀要MORALIA 20-21: 171-188
    • 吉田正俊. (2014) 意識の神経相関. Clinical Neuroscience 32(8): 856-860

    • 主要な招待講演
    • 吉田正俊 (2018)「意識の神経相関」第27回日本意識障害学会, 大阪
    • Yoshida M. (2018) "Free-viewing for schizophrenia research in humans and marmosets" 第7回日本マーモセット研究会大会, 京都.
    • 吉田正俊 (2018)「マイクロサッカード、視覚的注意、盲視」 日本視覚学会2018年冬季大会, 東京.
    • Yoshida M. (2017) "Animal models of spatial neglect and schizophrenia" Consciousness research network (CoRN) 2017, Taipei, Taiwan.
    • Yoshida M. (2016) "Awareness in Blindsight in Man and Monkey" 8th ANNUAL MEETING of The United Kingdom Neuro-Ophthalmology Special Interest Group (UKNOSIG), London, UK.
    • Yoshida M. (2015) "Saliency-guided eye movements in blindsight monkeys" Primate Neurobiology Meeting, Goettingen, German

開催概要

講義内容
大脳皮質の後頭部にある視覚野が損傷した患者で起こる「盲視」という現象があります。この患者では視野が欠けている、つまり見えていない部分があるのにもかかわらず、その見えていない部分にあるものに反応することができます。この現象は我々の脳では「意識経験として見えていること」と「視覚情報を行動に利用できること」が別々に処理されていることを示しています。私はこの盲視のモデル動物を対象として、視覚的気づきと視覚的注意の関係について研究してきました。そのなかで「視覚サリエンス」というものが視覚的気づきと視覚的注意の関係を明らかにするに当たって重要であることがわかってきました。視覚サリエンスとは、視野の中のある位置が周りと比べて目立つ、注意を惹く、という特性のことを指します。脳の中では視覚サリエンスが処理されていること、そして視覚サリエンスが大脳皮質を介さない無意識的な脳でも処理されているということが私の研究を含む近年の研究で明らかになってきました。今回の講義では、視覚サリエンスがわれわれの日常生活でどのように使われているのか、視覚サリエンスを計算するアルゴリズム、そしてじっさいに脳内ではどのように視覚サリエンスが計算されているのか、視覚サリエンスを計測、モニターすることが我々の生活に役立つか、といったトピックについて説明してゆきます。
日時
2018/11/19(月)13:00~17:30(12:40より受付開始)
※ 吉田先生のご講義は、13:00~14:20です。
場所
▶ワテラスコモン(御茶ノ水)
(東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地)
お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

タイトル「脳の機能と記憶:記憶はコントロールできる」

講師紹介

井ノ口 馨(いのくち かおる)先生

  • 渡辺先生 写真
    【現職】
    • 富山大学大学院医学薬学研究部・医学部 教授
    【ご経歴】
    • 1979年名古屋大学農学部農芸化学科卒業
    • 1984年名古屋大学大学院農学研究科博士課程修了、農学博士
    • 1985年~1990年三菱化学生命科学研究所 副主任研究員
    • 1991年~1993年米国コロンビア大学医学部 博士研究員
    • 1991年~1993年Howard Hughes Medical Institute リサーチアソシエート
    • 1991年~1993年ニューヨーク州立精神医学研究所 博士研究員
    • 1993年~2009年三菱化学生命科学研究所 主任研究員、グループディレクター
    • 1999年~2001年早稲田大学理工学研究センター 客員助教授
    • 2001年~2009年横浜国立大学 客員教授
    • 2007年~科学技術振興機構 略的創造研究推進事業 CREST研究代表者
    • 2008年~日本不安障害学会理事
    • 2009年~富山大学大学院医学薬学研究部(医学)教授
    • 2018年~科学研究費 特別推進研究代表者
    受賞歴
    • 2010年時實利彦記念賞
    • 2011年AND Investigator Award
    • 2013年文部科学大臣表彰科学技術賞(研究部門)
    • 2018年東レ科学技術賞
  • 【研究概要】

    「記憶」の分子機構を明らかにすることを目標として研究を進めています。「記憶」という巨大な象を理解するためには、鼻や足や胴体だけを触って「記憶とはホースのようなものだ」「いや柱のようなものだ」「いやいや壁のようなものだ」と言っていても始まらないわけで、あらゆる方向からのアプローチが必要です。私たちは、「分子レベルでの理解」を合い言葉に、分子生物学・生化学から細胞生物学・組織化学・電気生理学・行動薬理学までの幅広いアプローチを取ることにより、「記憶形成」メカニズムの理解を深めようとしています。 最近は、特に、「記憶が連合して新しい意味を持つものにアップデートされるメカニズム」を研究の中心に据えています。

  • 【主な業績】
    英文論文
    • 1. Abdou K, Shehata M, Choko K, Nishizono H, Matsuo M, Muramatsu S, and Inokuchi K. Synapse-specific Representation of the Identity of Overlapping Memory Engrams. Science, 360, 1227-1231 (2018). doi:10.1126/science.aat3810
    • 2. Yokose J, Okubo-Suzuki R, Nomoto M, Ohkawa N, Nishizono H, Suzuki A, Matsuo M, Tsujimura S, Takahashi Y, Nagase M, Watabe AM, Sasahara M, Kato F, and Inokuchi K. (2017) Overlapping memory trace indispensable for linking, but not recalling, individual memories. Science, 355: 398-403. doi:10.1126/science.aal2690
    • 3. Nomoto M., Ohkawa N., Nishizono H., Yokose J., Suzuki A., Matsuo M., Tsujimura S., Takahashi Y., Nagase M., Watabe A.M., Kato F., and Inokuchi K. (2016) Cellular tagging as a neural network mechanism for behavioral tagging. Nature Communications, 7: 12319. doi:10.1038/ncomms12319
    • 4. Ohkawa N., Saitoh Y., Suzuki A., Tsujimura S., Murayama E., Kosugi S., Nishizono H., Matsuo M., Takahashi Y., Nagase M., Sugimura Y.K., Watabe A.M., Kato F., and Inokuchi K. (2015) Artificial Association of Pre-stored Information to Generate a Qualitatively New Memory. Cell Reports, 11, 261-269 (2015). DOI: 10.1371/journal.pbio.10020701.
    • 5. Kitamura T, Saitoh Y, Takashima N, Murayama A, Niibori Y, Ageta H, Sekiguchi M, Sugiyama H and Inokuchi K. Adult neurogenesis modulates the hippocampus-dependent period of associative memory. Cell, 139; 814-827 (2009)
    • 6. Okada D, Ozawa F and Inokuchi K. Input-specific spine entry of soma-derived Vesl-1S protein conforms to synaptic tagging. Science, 324; 904-909 (2009)
    日本語著作他
    • 1. 井ノ口馨:記憶をつくり変える. 日経サイエンス 11月号. 28-37, (2017)
    • 2. 井ノ口馨:記憶をあやつる. 角川選書、 KADOKAWA (2015)
    • 3. 井ノ口馨:記憶をコントロールする-分子脳科学の挑戦-,岩波科学ライブラリー,岩波書店,(2013)
    • 4. 井ノ口馨(監修)、細胞工学(秀潤社)2011年5月号特集:記憶を分子・細胞の言葉で理解する,vol.30 (2011)

開催概要

講義内容
脳の様々な機能の中でも、「記憶」は最も基礎的かつ重要なものの一つです。人間の精神の営みは記憶なしでは成り立ちませんし、認知症を見るまでもなく、自分が自分であることを認識する上で記憶の果たす重要性は明らかです。
本講義では、脳の情報処理のメカニズムをわかりやすく解説すると同時に、記憶が脳内に蓄えられる仕組みについての最新の研究成果をお話しします。さらに、記憶が強化されたり、消失したり、変容するメカニズムについても触れたいと思います。
また、最新の脳科学研究の成果を用いて、モデル動物で人為的に複数の記憶を連合させたり、記憶同士の関連付けを切り離したりする方法なども講義します。
「独創的なアイデアも、結局は既存の複数のアイデアを結びつけたものだ」ということであれば、人為的に記憶を連合させたり切り話したりする方法のインパクトもご理解頂けるものと思います。
日時
2018/11/19(月)13:00~17:30(12:40より受付開始)
※ 井ノ口先生のご講義は、14:30~15:50です。
場所
▶ワテラスコモン(御茶ノ水)
(東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地)
お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。

タイトル「情動と記憶の認知神経メカニズム: 「脳・心・身体」の調和」

講師紹介

梅田 聡(うめだ さとし)先生

  • 梅田先生 写真
    【現職】
    • 慶應義塾大学 文学部人文社会学科心理学専攻 教授
    【ご経歴】
    • 1991年慶應義塾大学 文学部人間関係学科心理学専攻卒業
    • 1998年慶應義塾大学 大学院社会学研究科心理学専攻博士課程修了.博士 (心理学)
    • 1998年日本学術振興会 特別研究員 (PD)
    • 1999年慶應義塾大学 文学部人文社会学科心理学専攻 助手
    • 2006年慶應義塾大学 文学部人文社会学科心理学専攻 助教授 (2007年より准教授)
    • 2006年University College London, Institute of Cognitive Neuroscience: Visiting Research Fellow
    • 2006年National Hospital for Neurology and Neurosurgery, University College London Hospitals: Honorary Visiting Clinical Research Fellow
    • 2014年慶應義塾大学 文学部人文社会学科心理学専攻 教授
  • 【研究概要】

    情動・記憶・社会性の認知神経メカニズムに興味を持っています。高次脳機能障害を対象とした神経心理学的方法、fMRIや脳波を用いた脳機能画像法、自律神経機能を調べる生理心理学的手法を用いて研究を行っています。

  • 【主なご実績】
    • 梅田 聡 (2017) 前向きな行動を支える10野,意味処理のハブの役割を担う38野 特集号「ブロードマン領野の現在地」 BRAIN and NERVE, 69, 355-365.
    • Shibata, M., Terasawa, Y., Osumi, T., Masui, K., Ito, Y., Sato, A., & Umeda, S. (2017) Time course and localization of brain activity in humor comprehension: An ERP/sLORETA study. Brain Research, 1657, 215-222.
    • Umeda, S., Tochizawa, S., Shibata, M., & Terasawa, Y. (2016) Prospective memory mediated by interoceptive accuracy: A psychophysiological approach. Philosophical Transactions of the Royal Society B: Biological Sciences, 371, 20160005.
    • 梅田 聡 (2016) 情動障害と発汗異常 BRAIN and NERVE, 68, 893-901.
    • Terasawa, Y., Kurosaki, Y., Ibata, Y., Moriguchi, Y., & Umeda, S. (2015) Attenuated sensitivity to the emotions of others by insular lesion. Frontiers in Psychology, 6, 1314
    • Umeda, S., Harrison, N. A., Gray, M. A., Mathias, C. J., & Critchley, H. D. (2015) Structural brain abnormalities in postural tachycardia syndrome: A VBM-DARTEL study. Frontiers in Neuroscience, 9, 34.
    • Eccles, J. A., Owens, A. P., Mathias, C. J., Umeda, S., & Critchley, H. D. (2015) Neurovisceral phenotypes in the expression of psychiatric symptoms. Frontiers in Neuroscience, 9, 4.
    • Shibata, M., Terasawa, Y., & Umeda, S. (2014) Integration of cognitive and affective networks in humor comprehension. Neuropsychologia, 65, 137-145.
    • 梅田 聡 他 (編) (2014) 共感 (岩波講座 コミュニケーションの認知科学 第2巻) 岩波書店
    • Terasawa, Y., Shibata, M., Moriguchi, Y., & Umeda, S. (2013) Anterior insular cortex mediates bodily sensibility and social anxiety. Social Cognitive and Affective Neuroscience, 8, 259-266.
    • Terasawa, Y., Fukushima, H., & Umeda, S. (2013) How does interoceptive awareness interact with the subjective experience of emotion? An fMRI study. Human Brain Mapping, 34, 598-612.
    • Umeda, S., Kurosaki, Y., Terasawa, Y., Kato, M., & Miyahara, Y. (2011) Deficits in prospective memory following damage to the prefrontal cortex. Neuropsychologia, 49, 2178-2184.
    • Shibata, M., Abe, J., Itoh, H., Shimada, K., & Umeda, S. (2011) Neural processing associated with comprehension of an indirect reply during the scenario reading task. Neuropsychologia, 49, 3542-3550.
    • Fukushima, H., Terasawa, Y., & Umeda, S. (2011) Association between interoception and empathy: Evidence from heartbeat-evoked brain potential. International Journal of Psychophysiology, 79, 259-265.
    • Hashimoto, T., Umeda, S., & Kojima, S. (2011) Neural substrates of implicit cueing effect on prospective memory. Neuroimage, 54, 645-652.
    • Umeda, S., Mimura, M., & Kato, M. (2010) Acquired personality traits of autism following damage to the medial prefrontal cortex. Social Neuroscience, 5, 19-29.
    • 梅田 聡 (2007) 「あっ、忘れてた」はなぜ起こる 岩波書店

開催概要

講義内容
近年、情動や記憶の神経基盤を理解しようとする試みは急増しており、心理学的側面や神経科学的側面に着目した研究から、多くの事実が明らかにされています。情動や記憶のメカニズムを考える際には、脳や心の働きに注目するだけでは不十分であり、身体の影響、すなわち自律神経を介したダイナミクスを考慮し、「脳・心・身体」という三者関係で捉えることが必要になります。さらに、情動を理解する上では「社会性」という側面を切り離して考えることはできません。そこで、今回の講義では、情動に関する諸理論について触れた上で、fMRIを用いた研究、脳損傷や自律神経障害を対象とした研究など、複数のアプローチによって得られた研究成果について紹介します。
日時
2018/11/19(月)13:00~17:30(12:40より受付開始)
※梅田先生のご講義は、16:00~17:20です。
場所
▶ワテラスコモン(御茶ノ水)
(東京都千代田区神田淡路町2丁目101番地)
お問い合わせ先
本アカデミーに関するご質問等は、応用脳科学コンソーシアム事務局ホームページの ▶お問い合わせフォームより、お問い合わせください。
ページトップへ