オープンイノベーションによる脳科学の産業応用を推進「異分野の研究者・異業種の民間企業からなるコンソーシアム」

トップページ > 応用脳科学とは 応用脳科学が必要とされる背景

応用脳科学が必要とされる背景

脳の「見える化技術」の進歩により応用脳科学研究及びその事業活用が活発化

脳は、人間が人間らしく生きるための根幹をなす「心」の基盤であり、旧来より人間の科学的興味・社会的興味を集めてきました。特に近年、「脳の可視化」を実現する各種計測・情報技術の発達の恩恵を受け飛躍的な進展を見せた脳科学研究は、「心」の働きを解明する最先端の科学として社会的にも一層強く認識され、21世紀は「脳の世紀」であると言われるまでに至っています。さらに、こうした脳科学の発展に伴って、我々人間の認知・行動・記憶・思考・情動・意志といった「心」の働きに関する知見が急速に蓄積されると共に、これらの知見を基盤にし、経済学・社会学・生理学・認知心理学等の様々な研究領域と融合した「応用脳科学研究」とその事業活用を推進する試みが、分野を問わず世界規模で活発化しています。

基幹技術である脳の可視化技術の進歩応用脳科学 範囲
世界中で活発化する脳科学研究
ページトップへ