NTT DATA Global IT Innovator
NTTデータ経営研究所
English  お問い合わせ  サイトマップ

戻る サイト内検索
戻る
  • ホーム
  • ニュースリリース
  • 2018年
  • 多くの方による投稿情報等を活用した実証実験の開催 ~あらゆる住民が、自由に行きたい場所に行ける社会の実現に向けて~ 2018年11月8日

2018年11月8日

多くの方による投稿情報等を活用した実証実験の開催
~あらゆる住民が、自由に行きたい場所に行ける社会の実現に向けて~

株式会社NTTデータ経営研究所

株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:川島 祐治、以下 当社)は、2018年12月1日に、国土交通省、及び一般社団法人WheeLogと共に、多くの方による投稿情報等(住民投稿とプローブ情報を指します。以下同じ)を活用した実証実験を行います。この実証では、車いす利用者の投稿情報等を活用したバリアフリーマップの作成に向けた情報収集のため、豊島区内の地域を、車いす利用者だけではなく健常者(学生、ボランティアメンバー等)の方等を巻き込み、バリアフリー情報の収集を行います。多くの方が参加して地域内のバリアフリー情報を収集する実証を通じ、今後、全国のバリアフリー情報の収集・活用に向けた取組みの普及を目指します。

【背景】

 国土交通省では、ユニバーサル社会の実現に向けて、プローブ情報(車いす利用者が持っているスマートフォンのGPS情報等)や住民投稿情報を活用し、車いす利用者が通れる経路を地図上に登録することで、他の車いす利用者の移動支援を行う等、ICTを活用した歩行者移動支援サービスの普及展開を目指して、バリアフリー・ナビプロジェクトを推進しています。当社は、国土交通省から委託を受けて、持続可能な歩行者移動支援サービス構築に向けた検討、及び実証事業を進めています。
 本年度は、ICTを活用した歩行者移動支援サービスを支えるバリアフリー情報(車いす等で移動する際に障がいとなる段差や多機能トイレ等の情報)の収集促進に向けて、車いす利用者に留まらずボランティアや学生等を広く巻き込み、地域内のバリアフリー情報を収集するイベントの開催、及びイベント後の日常生活の中での収集等を通じて、多くの方の参加に向けた方策や投稿促進のための工夫、継続的に情報収集できるモデル等の検証を行います。

図1.マップ実証イメージ
図1.実証イメージ

拡大

【概要(特長)】

 実証では、イベント開催と日常的なバリアフリー情報の収集を実施します。

バリアフリー情報の収集イベント(街歩きイベント)の開催

  • 車いす利用者とボランティア・学生等、様々な方が、特定地域内(豊島区池袋駅周辺)を協力して探索し、道にある段差や施設にある多機能トイレ等のバリアフリー情報を収集します。
  • 参加者は、豊島区内の大学、生涯学習大学の生徒、障がい者団体加入者、豊島区内外のボランティア団体等、多くの方の参画を目指して、募集を行います。

日常的なバリアフリー情報の収集

  • ご自身のスマートフォンにアプリ(WheeLog!)をインストールし、日常的な移動(全国で利用可能)の中で気が付いたバリアフリー情報を、アプリを用いて投稿します。
  • 参加者は、上記イベント参加者に加えて様々な団体と協力し、募集します。
  • 投稿した情報は、利用者がWheeLog!で閲覧し、活用されます。活用の例として、良い投稿に対しては「いいね!」がつけられます。

実証参加方法

  スマートフォン等にアプリ(WheeLog!)をインストールし、利用者登録を行うことで、誰でも参加が可能です。

  • 本アプリは、iOS版・Android版のいずれも提供されています。
  • App StoreまたはGoogle Playで「wheelog」で検索し、ダウンロードしてください。
  • 利用者登録後および実証実験終了時(1月下旬予定)にアンケートがございますのでご協力ください。
  • 利用者登録後は、日常的な移動の中で気が付いたバリアフリー情報を、アプリで投稿してください。
    また、バリアフリー情報の収集イベント参加希望者は、アプリの登録とは別に、以下の申込フォームから申し込みをお願いします。
  • バリアフリー情報の収集イベント(12月1日(土)開催)申込フォーム : https://goo.gl/rMmkqJ

【今後について】

 バリアフリーマップ等、歩行者移動支援サービスの普及が期待されています。しかしながら、日々変わるバリアフリー情報を、継続的に収集し、マップへ反映させることは容易でありません。プローブ情報やセンシング情報、住民投稿などのICT技術を活用することで、継続的にバリアフリー情報を収集することが可能になると考えています。
 当社は、国土交通省の実証実験等の取組みを通じて、車いす利用者だけに留まらず、高齢者、視覚・聴覚等の障害者、ベビーカー利用者など、あらゆる歩行弱者の方を含む住民が、自由に行きたい場所に行ける社会の実現に向けた取組みを進めてまいります。




【本件に関するお問い合わせ先】

■ 報道関係のお問い合わせ先
株式会社NTTデータ経営研究所
コーポレート統括本部 経営企画部
広報担当
Tel:03-5213-4016
E-mail:


■ サービスに関するお問い合わせ先
株式会社NTTデータ経営研究所
社会基盤事業本部
ライフ・バリュー・クリエイションユニット
板垣、安生、高橋、北野
Tel:03-5213-4110

  • ホーム
  • ニュースリリース
  • 2018年
  • 多くの方による投稿情報等を活用した実証実験の開催 ~あらゆる住民が、自由に行きたい場所に行ける社会の実現に向けて~ 2018年11月8日