NTT DATA Global IT Innovator
NTTデータ経営研究所
English  お問い合わせ  サイトマップ

戻る サイト内検索
戻る
  • ホーム
  • ニュースリリース
  • 2018年
  • Sports-Tech & Business Lab シンポジウム 「スポーツテック未来会議2018 ~テクノロジーがもたらすスポーツ産業の未来~」初開催 2018年9月18日

2018年9月18日

Sports-Tech & Business Lab シンポジウム


「スポーツテック未来会議2018 ~テクノロジーがもたらすスポーツ産業の未来~」初開催

株式会社NTTデータ経営研究所
早稲田大学スポーツビジネス研究所

株式会社NTTデータ経営研究所(代表取締役社長:川島 祐治、以下「当社」) と、早稲田大学スポーツビジネス研究所(所長:間野義之 早稲田大学スポーツ科学学術院 教授、以下「RISB」)は、デジタル化時代に即した次世代スポーツビジネスをテーマとして、「スポーツテック未来会議2018 ~テクノロジーがもたらすスポーツ産業の未来~」を9月26日に初めて開催します。
 当社とRISBは、2018年3月に、Sports-Tech & Business Lab(スポーツテック&ビジネスラボ)を設立し、スポーツ×デジタルをキーワードに新しい産業・事業モデルの創出に貢献することを目的に活動してきました。 本シンポジウムでは、これまで蓄積した最新の知見および先進事例を紹介します。

1.開催目的・見どころ

 2018年3月に設立したSports-Tech & Business Lab(スポーツテック&ビジネスラボ、以下STBL)では、スポーツ×デジタルをキーワードに新しい産業・事業モデルの創出に貢献することを目的に活動してきました。幅広くスポーツ業界・異業種・IT業界・自治体から会員が参加し、スポーツテックに関するコミュニティを形成するとともに、会員同士のコラボレーションを日常的・継続的に行う「場」として機能するようになりました。今後STBLが担うスポーツ・オープン・イノベーションのプラットフォームとしての役割をさらに発展していくために、STBL内で検討・推進されているプロジェクトの内容を、オープンに共有すること、また、先進的な取り組みを行っているSports-Techのスタートアップ企業を多くの方に知っていただき、1つの産業分野として更なる認知・普及を図っていくことを目的として、今般シンポジウムを開催します。
 また、スポーツ産業・スポーツ政策の有識者、スポーツ×デジタルで先進的取り組みを行う業界キーマンが参加するパネルディスカッションを行います。スポーツテックの今後の注目領域、マネタイズの期待、日本のスポーツ産業成長に向けた役割などについて、専門的見地から議論する予定です。

(シンポジウムのキーワード)

  • ✔ スポーツ×デジタル、スポーツテックの最先端の取り組み
  • ✔ スポーツテックのビジネスや地域づくりへの応用の実例
  • ✔ スポーツ・オープン・イノベーションの実践
  • ✔ 今後のスポーツ産業の成長に向けた展望

2.プログラム概要

  • 日時:2018年9月26日(水)13時~18時(12時開場)
  • 会場:早稲田大学大隈記念講堂
  • (主催)Sports-Tech & Business Lab (後援)スポーツ庁

<プログラム>

  • 13:00-13:30
    • 開会挨拶:早稲田大学スポーツビジネス研究所所長 間野義之教授
    • 基調講演:スポーツ庁スポーツ総括官 齋藤 福栄氏
  • 13:30-14:50
    • 第1部:Sports-Tech & Business Labの実証研究の企画・推進状況の共有
  • 14:50-15:50
    • 第2部:Sports-Techベンチャーピッチ

(休憩)

  • 16:10-17:40
    • 第3部:パネルディスカッション
      • 1)テクノロジーが変える「未来のスポーツ体験」とは
      • 2)スポーツ産業における「デジタルレガシー」の行方
  • 17:40-18:00
    • 閉会挨拶 慶應義塾大学大学院メディアデザイン研究科 中村伊知哉教授

<参加費>

 無料(定員600名)

<詳細および申込み方法>

http://www.keieiken.co.jp/stbl/ac/ac_sch.html

3.Sports-Tech & Business Lab(スポーツテック&ビジネスラボ)について

Sports-Tech & Business Labは、産官学の知見を融合し、異業種間コラボレーションを促進することを通じて、Sports-Techによる新たなビジネス機会の発掘、新サービスの企画、事業開拓に取り組んでいます。 「スポーツビジネス」「街づくり」「情報通信技術(ICT)」「周辺産業」の4分野に跨る事業創発を促すプラットフォーム機能を提供し、異なる学問分野・産業分野間の技術や知見を融合することで、「デジタル化時代に即した次世代スポーツビジネス」及び「周辺産業や地域と連携して、スポーツ産業が自律的成長を実現するビジネスエコシステム」の構築を目指して活動しています。
伝統的Sports-Tech領域に限らず、スポーツ産業が直面する課題(イシュー)を幅広く対象とします。

図 Sports-Tech & Business Lab 基本コンセプト
図 Sports-Tech & Business Lab 基本コンセプト

拡大

コンソーシアムの今後の活動予定、活動実績、参加メンバーの情報については、専用Webサイトにて随時公開しています。以下のURLをご確認いただけますようお願いいたします。
http://www.keieiken.co.jp/stbl/

4.運営事務局について

株式会社NTTデータ経営研究所 株式会社NTTデータ経営研究所は、IT活用に関する幅広い知見を基に、お客様の戦略とIT、プロセスとITの課題解決に、トータルなソリューションを提供するコンサルティング会社です。スポーツ領域のストラテジックコンサルティング、デジタルビジネスコンサルティングを手がけるだけでなく、スポーツ業界のほかスタートアップ企業、学識者、異業種等、様々な領域を参加対象としたイベントである「Sports-Tech の未来 - 成長産業化への道筋#1」*1、「Sports-Tech の未来 - 成長産業化への道筋#2」*2を開催し、スポーツテックに関する領域横断的な交流、議論の場を設ける等、スポーツの成長産業化へ向けた多くの活動*3を実施しています。
2017年にSports-tech Landscapeを国内で初めて作成・公表したのち、2018年3月12日に「Sports-Tech Landscape 2018」*4を公表しています。

早稲田大学スポーツビジネス研究所 早稲田大学スポーツビジネス研究所、RISB-Research Institute for Sport Business-(通称リズビー)は、早稲田大学付属の研究組織であるプロジェクト研究所の一組織です。スポーツ産業に関わる学内外の中核的メンバーが共同研究を進め、スポーツ産業に関するデータの集積・分析、自治体のスポーツ環境に関する調査、スポーツ産業振興に関する基礎調査、政策提言、人材育成に取り組むことを目的としています。
所長: 間野義之 早稲田大学スポーツ科学学術院 教授




【本件に関するお問い合わせ先】

■ 報道関係のお問い合わせ先
株式会社NTTデータ経営研究所
コーポレート統括本部 経営企画部
広報担当
Tel:03-5213-4016
E-mail:


■ 内容に関するお問い合わせ先
Sports-Tech & Business Lab事務局
E-mail:

  • ホーム
  • ニュースリリース
  • 2018年
  • Sports-Tech & Business Lab シンポジウム 「スポーツテック未来会議2018 ~テクノロジーがもたらすスポーツ産業の未来~」初開催 2018年9月18日