NTT DATA Global IT Innovator
NTTデータ経営研究所
English  お問い合わせ  サイトマップ
戻る サイト内検索
戻る
  • ホーム
  • ニュースリリース
  • 2015年
  • 脳の立体構造学習スマートフォンアプリ「3D Brain」日本語版配信開始 ~NTTデータ経営研究所の日本語訳協力により実現~ 2015年5月14日

2015年5月14日

脳の立体構造学習スマートフォンアプリ「3D Brain」日本語版配信開始

~NTTデータ経営研究所の日本語訳協力により実現~

株式会社NTTデータ経営研究所

 株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐々木 康志、以下「当社」)は、コールド・スプリング・ハーバー研究所のDNA学習センター(米国ニューヨーク州)が製作・提供する脳の立体構造・機能学習スマートフォンアプリ「3D Brain」に日本語訳を提供しました。
 「3D Brain」は、人間の脳を29の構造部位に分類し、立体的に表示するアプリです。タッチパネルで回転、ズームしながら、複雑な脳の構造と機能を視覚的に学習できます。また、各脳部位に関連する機能や精神疾患等、最新の研究成果に基づくポイント解説や文献へのリンクを表示します。
 無料のクラシック版はiOS、Android、Windowsに対応しています。iOS対応版には、オプションで有料のHQ版も用意されています。2015年5月14日より、日本語の翻訳(無償)が付いたiOS対応のクラシック版およびHQ版が配信開始されます。AndroidおよびWindows対応アプリについても日本語翻訳を付けたバージョンを今後、配信する予定です。

【背景】

 近年、「脳の可視化」を実現する脳機能計測技術の発展を受け、人間の認知・行動・記憶・思考・情動・意志といった「心」の働きに関する知見が急速に蓄積されると共に、これらの知見を基盤にし、経済学・社会学・心理学等の様々な研究領域を横断する「応用脳科学研究」とその事業活用を推進する試みが、分野を問わず世界規模で活発化しています ※1。

 このような動向に先んじて、当社では脳科学研究の産業応用という視点から、継続的かつグローバルな最新情報の収集・分析、脳科学を活用したコンサルティングサービスの提供、国家プロジェクトにおけるプロジェクト・マネジメントの実施等、脳科学の産業応用によるイノベーションを目指して様々な取り組みを推進してきました。2010年に当社が設立し、事務局を務める「応用脳科学コンソーシアム」※2 では、「研究開発」「人材育成」「人材交流及び啓発」を支援するプラットフォームを提供し、脳科学研究・開発の社会実装支援や産学官連携の強化促進を支援しています。

図1 「3D Brain」全体脳のイメージ

図1 「3D Brain」全体脳のイメージ

図2 各脳部位のポイント解説イメージ

 この度は、その情報普及活動の一環として、コールド・スプリング・ハーバー研究所 ※3 (英文名:Cold Spring Harbor Laboratory、略称名:CSHL)に属するDNA学習センターが開発した、脳の三次元構造を視覚化した無償アプリ「3D Brain」日本語版(当社による和訳協力)の配信開始についてお知らせします。英語のモバイル版は2009年に配信が開始されて以来、高精度で美しいグラフィックスと滑らかな操作性が話題を呼び、世界で250万人以上のユーザーに利用されています。当社では、本アプリの日本語対応へのユーザーの期待を受け、また、日本における脳科学研究の産業応用促進への貢献を目的とする情報普及活動の一環として、DNA学習センターの協力のもと、日本語版の翻訳テキストを提供します。

【3D Brain】

  • ○ 概要
     「3D Brain」は、CSHLが提供するオンラインライブラリー「遺伝子から認知へ」※4 の一部として開発された、脳構造を学習する為のアプリです。扁桃体から基底核や海馬等、29の構造部位を立体的に表示し、回転、ズームしながら、複雑な脳構造と機能を視覚的に理解することができます。また、脳部位の名称に加え、各部位に特化した機能、関連する精神疾患、損傷した場合の影響等、最新の研究成果、症例に基づくポイント解説(500を超える参考文献へのリンクを含む)を英語または日本語で表示します。学生、教育・研究関係者から、企業、一般の皆様まで、幅広くご活用頂けます。
     本アプリ(英語のみ)は、既にiPhone、Android、Windows対応版が各アプリストアにおいて無償で配信されていますが、2015年5月14日より、日本語の翻訳が付いたiOS対応バージョンおよび有料オプションのHQ版の配信が開始されます。AndroidおよびWindows対応アプリについても日本語翻訳付きのバージョンを今後、配信する予定です。
    本アプリはiTunesまたはwifiを通じてダウンロードしてください。アプリのダウンロード時や外部リンクにアクセスする場合にはご契約の通信サービス事業者に対する通信料が発生します。

  • ○ アプリの特長
    • 人間の脳を29の構造部位に分類し、立体的に表示します。
    • タッチパネルで回転、ズームしながら、複雑な脳構造と機能を視覚的に理解することができます。
    • 日本語または英語で各脳部位の名称を表示できます。
    • 各脳部位に特化した機能、損傷した場合の影響、関連する精神疾患等、最新の研究成果、症例に基づくポイント解説(500を超える参考文献へのリンクを含む)を日本語または英語で表示します。
    • 米国の国立衛生研究所に属する国立医学図書館が提供する医学件名標目表「MeSH」や、国立生物工学情報センターが提供する、医学を中心とする生命科学の文献情報を収集したオンラインデータベース「MEDLINE」へのリンクが表示されます。参考文献の概要や著者情報を直接閲覧することができます(英語のみ)。
    • スマートフォンや端末の言語設定により、日本語と英語を切り替えることができます。
    • 日本語と英語の検索機能があります。
    • 無料のクラシック版はiOS、Android、Windowsに対応しています。iOS対応版には、オプションで有料のHQ版も用意されています。
    • 2015年5月14日より、日本語の翻訳(無償)が付いたiOS対応のクラシック版およびHQ版が配信開始されます。AndroidおよびWindows対応アプリについても日本語翻訳を付けたバージョンを今後、配信する予定です。
    • 学生、教育・研究関係者から、企業、一般の皆様まで、広くご利用頂けます。


  • ○ 仕様
  • ※注1 : 米国では2014年、個々の細胞から全ての神経回路を含む脳活動の包括的な解明を目指す国家プロジェクト「BRAIN Initiative」が、年間約100億円の研究費を充てて開始されました。欧州では2012年から、脳科学、ニューロインフォマティックス、医療の統合により、人工脳(脳機能シミュレータ)の開発を目指す「Human Brain Project」が立ち上がっており、10年間で約15億ユーロ(約1,965億円)の予算が投入される予定です。
    Brain Initiative Web site(英語のみ): http://www.braininitiative.nih.gov/
    Human Brain Project Web Site(英語のみ): https://www.humanbrainproject.eu/
  • ※注2 : 応用脳科学コンソーシアム:NTTデータ経営研究所が日本神経科学学会の協力を得て設立した、オープンイノベーションモデルのコンソーシアムです。40社を超える異業種の民間企業と異分野の研究者が一堂に会し、脳科学およびその関連領域の最新の研究知見を基盤に、「研究開発」「人材育成」「人材交流および啓発」に取り組み、複数のR&D研究会やアカデミーのもと幅広い研究活動を進めています。
    応用脳科学コンソーシアムWebサイト: http://www.keieiken.co.jp/can/
  • ※注3 : コールド・スプリング・ハーバー研究所: 1890年に設立された、米国ニューヨーク州ロングアイランドにある民間非営利財団による研究所です。分子生物学、バイオインフォマティクス、遺伝学の分野において8名のノーベル賞受賞者を輩出している世界的に著名な研究所です。600名以上の研究者を擁し、最先端の研究の推進と共に、情報の普及、教育活動、出版にも力を入れています。本アプリを開発したDNA学習センターはCSHLに属する教育部門であり、分子遺伝学等の教育的普及に従事する世界初の拠点です。CSHLが行う通常の研究室・大学院レベルの教育を拡大し、中等~初等教育や公共レベルまで、幅広い教育活動を推進しています。
    CSHL Webサイト(英語のみ): http://www.cshl.edu/
    DNA学習センターWebサイト(英語のみ): http://www.dnalc.org/
  • ※注4 : オンラインライブラリー「遺伝子から認知へ」(英文名:Genes to Cognition (G2C) Online):遺伝子や他の分子がどのように人間の思考、そして思考障害に影響を及ぼしているのかを理解することは、現代社会の最大の挑戦です。CSHLのDNA学習センターが開発・運営するオンラインの神経科学情報図書館「遺伝子から認知へ」は、ニューラルネットワーク原理をモデルとして構築されています。人間の思考を支える分子・細胞の働きを追求するために最新の研究を検証しています。「3D Brain」はこのオンライン図書館の一部として開発されたアプリです。
    G2C Online Webサイト(英語のみ): http://www.g2conline.org/
    3D Brain(英語のみ): http://www.g2conline.org/2022#
  • iPhone、iPad、iPod touch、 App StoreはApple Inc.の商標です。
  • iOSはCisco の米国およびその他の国における商標または登録商標であり、ライセンスに基づき使用されています。
  • Android、Google PlayはGoogle Inc.の商標または登録商標です。
  • Windows は米国 Microsoft Corporation の米国およびその他の国における登録商標または商標です。
  • その他、このニュースリリースに記載されている会社名および製品・サービス名などは、各社の登録商標または商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】

■ 3D Brain日本語版 報道に関するお問い合わせ先
株式会社NTTデータ経営研究所
コーポレート統括部
プラクティスサポート部 井上、伊達
Tel:03-5213-4016 (代)
E-mail:

■ 3D Brain日本語版翻訳に関するお問い合わせ先
株式会社NTTデータ経営研究所
情報未来研究センター
ニューロイノベーションユニット 萩原 一平
Tel:03-5213-4160(代)
E-mail:

■ 3D Brainに関するお問い合わせ先
Cold Spring Harbor Laboratory
DNA Learning Center
1 Bungtown Road
Cold Spring Harbor, NY, USA 11724
Tel:+1 516-367-5170
E-mail:

  • ホーム
  • ニュースリリース
  • 2015年
  • 脳の立体構造学習スマートフォンアプリ「3D Brain」日本語版配信開始 ~NTTデータ経営研究所の日本語訳協力により実現~ 2015年5月14日