NTT DATA Global IT Innovator
NTTデータ経営研究所
English  お問い合わせ  サイトマップ
戻る サイト内検索
戻る

2014年10月14日

脳科学とデザイン心理学を活用した金融機関向け
店舗構築トータルサービスの提供を開始

~  顧客心理をくみ取った新しい金融機関店舗創りを提案 ~

株式会社NTTデータ経営研究所
NTTデータ ジェトロニクス株式会社
株式会社BB Stone デザイン心理学研究所

 株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:佐々木康志)と、NTTデータ ジェトロニクス株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:前川雅俊)、株式会社BB Stone デザイン心理学研究所(本社:千葉県千葉市、代表取締役社長:日比野好恵)は共同で脳科学とデザイン心理学を活用した『金融機関向け店舗構築トータルサービス』(以下、本サービス)の提供を開始します。
 各社が保有する金融機関向けの店舗設計にかかわるコンサルティングノウハウ等を活用し、金融機関店舗のある地域の特徴を分析、脳科学とデザイン心理学を活用した店舗コンセプト策定から設計・施工・開店までの新たな店舗構築トータルサービスを提供します。

【背景と目的】

 高度経済成長期からバブル期にかけて、金融機関の多くが新規出店を進めましたが、当時は設置場所、設置数、営業時間などが厳しく規制されていた時代であり、店舗の持つ役割や性質など、現在とは大きく異なったものでした。当時の建物が老朽化し、建て替え需要の増加が予測される中、金融機関は、今後、合理化や効率化、コスト削減ではなく、顧客と唯一直接対話のできるマーケティングチャネルとして店舗の位置づけを見直し、潜在的なニーズを取り込んだ新しい観点での店舗創りが求められています。

【概要】

 本サービスでは、金融機関の新店舗構築、既存店舗のリニューアルなどについて、コンセプト策定から設計・施工、および店舗出店準備に関わる店舗構築トータルサービスを提供します。店舗環境の分析、当該店舗の顧客ターゲティングを実施後、お客さまの脳を満足させる店舗コンセプトを策定、そのコンセプトを基に、脳科学やデザイン心理学を活用して最適な店舗デザインコンサルティングを行います。外観、内装などについて店舗デザインコンセプトを反映させたレイアウト設計図を作成し、設計、施工、機器配置工事などトータルサービスを提供します。出店に向けた店舗職員向け研修など、店舗サービスの充実、差別化に向けた支援も実施します。

 お客さまの脳と心からくみ取ったユーザビリティとビジネス戦略を融合した新店舗デザインを推進し、快適なコミュニケーションの場を通じて、金融機関店舗の活性化を支援していきます。

 店舗構築トータルサービスの流れ、および各社役割分担は下記の通りです。

図表1:金融機関向け店舗構築トータルサービスの流れ、各社役割分担

金融機関向け店舗構築トータルサービスの流れ、各社役割分担

【参加各社の事業およびサービス概要】

(1)株式会社NTTデータ経営研究所
 NTTデータ経営研究所は、未来の視点で課題を見つめ、現在の延長線上では見えてこない戦略や政策を提言、目指すべき社会・企業の姿をデザインし、その実現に貢献できるようコンサルティングサービスを行っています。
 金融戦略コンサルティング部門では、金融機関の課題解決に向けた新しいビジネスモデルを構想し、業務変革推進を支援しています。また、店舗改革につき、エリアマーケティング調査から店舗コンセプト創り、人材育成にいたるまで、様々なサービスを提供しています。
 情報未来研究センター、ニューロイノベーションユニットにおいては、脳科学の産業応用に取り組み、企業の脳科学戦略策定、脳科学のR&D、マーケティング等への活用に関するコンサルティングを行っています。また脳科学の産業応用を産学連携で目指す応用脳科学コンソーシアム(英文略称:CAN※1)を創設してその事務局を担っています。さらに、脳科学の計測・実験サポートサービスとして、ニューロベンチャー・ネットワーク(NVN※2)を組成し、目的に応じた最適な脳計測や心理評価手法を提供し、お客さまのマーケティングや研究開発を支援しています。NTTデータ経営研究所は、今回の「金融機関向け店舗構築トータルサービス」の窓口となり、プロジェクトのコーディネート、マネジメントを行います。
http://www.keieiken.co.jp/

※1「応用脳科学コンソーシアム」(CAN)とは、異業種の民間企業と異分野の研究者が一堂に会し、脳科学およびその関連領域の最新の研究知見を基盤に、「研究開発」「人材育成」「人材交流および啓発」に取り組む、オープンイノベーションモデルのコンソーシアムです。現在、40社を超える民間企業様に参画をいただき、複数のR&D研究会のもと幅広い研究活動を進めています。
 応用脳科学コンソーシアム(CAN)Webサイト: http://www.keieiken.co.jp/can/

※2「ニューロベンチャー・ネットワーク」(NVN)とは、参加企業各社の保有する脳計測、生理計測、心理計測等の技術やノウハウを活用し、お客さまの目的に応じて人に関わる様々な計測手法を提供して、マーケティングや研究開発を支援するサービスを行っています。
 ニューロベンチャー・ネットワーク(NVN)Webサイト:http://www.keieiken.co.jp/nvn/

(2)NTTデータ ジェトロニクス株式会社
 NTTデータ ジェトロニクスは、コンサルティングからシステム開発、運用保守まで、一貫したソリューション・サービスを提供しています。日本国内をカバーするサービス網とNTTデータおよびグループ企業との連携、ならびにグローバルサービスパートナーとの協業により、国内外を問わず、お客さまのITライフサイクルマネジメントを支援しています。
 またITソリューション・サービスの提供にとどまらず、各種地域金融機関への店舗設計、改装ソリューションにおいても数多くの実績があります。専門家チームが各々の問題解決に向けて、利用者視点に立った機能的で使いやすい店舗デザインを提案し、金融店舗に求められるソリューション・サービスを展開します。
http://www.nttdata-getronics.co.jp/

(3)株式会社BB Stoneデザイン心理学研究所
 BB Stoneデザイン心理学研究所は、千葉大学工学部で開発されたデザイン心理学の手法として、今まで主観的であったデザインの見やすさ、安全性、使いやすさ、印象等を心理学・工学の視点から客観的に測定するというユニークな技術を用いて、科学的根拠のあるデザイン提案、検証を行います。また独自の手法を生かした行動観察、調査、実験により、新サービス導入時などの消費者行動分析のサービスを提供します。これまでに日本銀行券調査改善業務、大手銀行新型店舗コンサルティング(光、音、色彩設計および検証)、大手銀行通帳デザイン業務、コールセンター画面改善等、金融機関向けの数多くの実績を重ねています。
http://www.bbstonedpu.com/

*掲載の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。


【本件に関するお問い合わせ先】

■ 報道関係のお問い合わせ先
株式会社NTTデータ経営研究所
コーポレート統括部
プラクティスサポート部
井上 国広
Tel:03-5213-4016 (代)
E-mail:



■ 内容に関するお問い合わせ先
株式会社NTTデータ経営研究所
情報未来研究センター
ニューロイノベーションユニット
萩原 一平、小俣 貴宣、桃木 美登里
Tel:03-5213-4160(代)
E-mail:
株式会社NTTデータ経営研究所
金融コンサルティングユニット
佐藤 哲士
Tel: 03-5213-4120(代)