NTT DATA Global IT Innovator
NTTデータ経営研究所
English  お問い合わせ  サイトマップ
戻る サイト内検索
戻る

「NTTデータと連携してAsian Payment Network(APN)加盟を支援」

【背景】

NTTデータ経営研究所は、グローバルな金融・資本市場全般の先進的な動向の調査研究活動や、決済システムのインフラ輸出に向けた実務的なコンサルティング活動を実施している中で、海外リテール決済が新興国の成長を背景に活発な動きに繋がっていることから、数年前から市場提言を行ってきました。
その結果、アジア域内でのリテール決済機能を実現するにはAPNへの加盟が重要との判断から、当局・中央銀行・金融機関・協会および決済インフラ事業者であるNTTデータの緊密な協力関係の構築と、各国事業者との交渉、APN会合における国内外への啓蒙活動を担ってきました。

【今後の活動】

NTTデータ経営研究所は、業界全体の視点で日本の金融機関と各国金融機関との連携促進に貢献して参ります。


 株式会社NTTデータ経営研究所
 コーポレート統括部
 井上、石渡
 Tel:03-5213-4016(代)
  E-mail:webmaster@keieiken.co.jp

NTTデータと共同で以下の発表をしています。

2014年1月8日

NTTデータが日本企業として初めてAsian Payment Network(APN)へ加盟

~アジア太平洋地域内の共通決済制度構築に向けた金融システム標準化作業に参画~

株式会社NTTデータ
株式会社NTTデータ経営研究所

株式会社NTTデータは、アジア太平洋地域内の共通決済制度構築を目指す団体である、Asian Payment Network(以下APN)から日本企業として初めて加盟承認を受けました。
NTTデータは、APN加盟をうけ、APN加盟のアジア太平洋各国の企業と連携し、アジアリテール決済ビジネスの検討を開始します。


【背景】

APNは、「アジアにおける新しいリテール決済ネットワーク」を目指し2006年にASEAN主要国(シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ)の中央銀行主導により設立された団体で、現在10ヵ国、12事業者が加盟し、各国間におけるリテール決済分野の新たな仕組み検討・提供を行っています。

NTTデータは、日系企業や邦銀のアジア進出が活発化するなか、アジア域内においてリテール決済サービスの必要性が高まるという想定から、株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都千代田区、代表取締役社長:豊田 充、以下NTTデータ経営研究所)と共同でAPNへの加盟検討を続け、今回の加盟承認に至りました。

なお、12月13日に金融・資本市場活性化有識者会合が発表した「金融・資本市場活性化に向けての提言」において“アジアの潜在力の発揮、地域としての市場機能の向上、我が国との一体的な成長“ を実現する具体的施策として、「民間事業者のアジア域内のATM相互接続ネットワークの参加を後押し」することが言及されており、今後当社のAPN加盟を通じて日本の金融機関と各国金融機関等との連携がより促進されていく可能性があります。

NTTデータでは、日本国内で長年培ってきた決済ネットワークのノウハウを活用し、国内金融機関とともにアジアリテール決済の新しい仕組みを提供していく考えです。

【APN加盟によるメリット】

国内金融機関はNTTデータが2014年をめどに開発を予定しているシステムを通じて、APNに加盟している各国金融機関とオンラインで接続され、アジア・太平洋地域の各国からの観光客等訪日外国人が、日本国内において現金の引き出しや銀聯サービスと同様にショッピングに利用することが可能になります。また、日本人の海外渡航者がASEAN各国にて容易に現地通貨の引き出しを行うことが可能となります。

【図】概要図

図:概要図
拡大 別ウィンドウが開きます



【今後について】

NTTデータでは、決済総合ネットワーク「CAFIS®注1」、統合ATMスイッチングサービス注2等における実績を生かしてAPNでの標準化作業に積極的に参画していくことで、アジアのリテール決済分野における日本の存在感を増していきたいと考えています。また、新たなサービスの開発に主体的に関わっていく中で、日本の先進的な決済サービスを金融機関と共同で検討しつつ、APN参加国へ提供する予定です。

【参考】

Asian Payment Network(APN)

「アジアにおける新しいリテール決済ネットワーク」を目指し、2006年、ASEAN主要国(シンガポール・マレーシア・インドネシア・タイ)の中央銀行主導により設立されました。2010年以降、非ASEAN諸国(韓国・中国・オーストラリア・ニュージーランド)も加盟し、現時点ではフィリピン、ベトナムを含む計10カ国で接続が進んでいます。

現在は、ATM(現金引き出し、残高確認、POS、郷里送金)に関する標準化を進め、将来は、デビットカード、クレジットカード、ファンドトランスファー、モバイル・ネットバンキングへの適用も視野に入れて検討を進めています。

NTTデータでは、APNがその活動を活発化していくことによって、ドルを介さない市場が形成され、日本円の国際化につながり得るものと考えています。

APN加盟決済事業者(接続国)

  注:2013年9月末時点

  • Network for Electronic Transfers (Singapore) Pte Ltd (NETS)(シンガポール)
  • Malaysian Electronic Payment System Sdn Bhd (MEPS)(マレーシア)
  • Malaysian Electronic Clearing Corporation Sdn Bhd (MyClear)(マレーシア)
  • National ITMX Co., Ltd. (ITMX)(タイ)
  • PT. Artajasa Pembayaran Elektronis (インドネシア)
  • PT. RINTIS SEJAHTERA(インドネシア)
  • MegaLink, Inc.(フィリピン)
  • Korea Financial Telecommunications & Clearings Institute (KFTC)(韓国)
  • The Vietnam National Financial Switching Joint-Stock Company (Banknetvn)(ベトナム)
  • 中国銀聯(中国)
  • Strategic Payments Services Pty Ltd(オーストラリア)
  • Paymark Ltd(ニュージーランド)



※注1 CAFIS:
NTTデータが運営する、クレジットカード会社、金融機関、企業、加盟店の間で、クレジット情報(与信照会、売り上げ、等)および、資金移動情報のオンライン・トランザクションを中継するサービス。1984年2月よりサービス開始し、月間トランザクションは4億件を越える日本最大級の決済インフラ。

※注2 統合ATMスイッチングサービス:
NTTデータが運営する、国内1300強の金融機関間でCD/ATMを相互接続し、オンライン取引(出金、残高照会、振込、等)を中継するサービス。
2004年1月よりサービス開始し、オンライン取引中継にくわえ、日次の資金決済データをマルチラテラルネッティングにて集計・計算し提供している。

*「CAFIS」は日本国内における株式会社NTTデータの登録商標です。

*その他の商品名、会社名、団体名は、各社の商標または登録商標です。



本件に関するお問い合わせ先

■ 報道関係のお問い合わせ
 株式会社NTTデータ
 広報部 戸田
 Tel:03-5546-8051

■ 製品・サービスに関するお問い合わせ
 株式会社NTTデータ
 第一金融事業本部 カード&ペイメント事業部
 ソリューション営業担当 北田
 ビジネス企画担当 木村、菅野、河合
 Tel:050-5546-8574 / 050-5546-8577

 株式会社NTTデータ経営研究所
 グローバルコンサルティング本部
 山上、寺島、若杉
 Tel : 03-5213-4250