NTT DATA Global IT Innovator
NTTデータ経営研究所
English  お問い合わせ  サイトマップ
戻る サイト内検索
戻る

2008年11月18日

IT人材のプロフェッショナル意識調査2008

~ 6割以上の人材が 「今の職場・仕事では、将来、さらなる能力を発揮できない」、
5割近くの人材が 「会社は社員の能力活用に努めていない」 と回答 ~

株式会社NTTデータ経営研究所


株式会社NTTデータ経営研究所(本社:東京都渋谷区、代表取締役社長:佐々木 崇)は、NTTレゾナント株式会社が提供する「gooリサーチ」登録モニターを対象に、このたび「IT人材のプロフェッショナル意識調査2008」を実施しました。

社会におけるITの重要性が高まる中で、IT人材には深く幅広い能力が求められています。労働市場からのIT人材の確保も容易ではなくなりつつある中、「人材の流出防止」や「能力の開発・活用」への取り組みが、重要かつ喫緊の課題となっています。

人材が競争優位の源泉であるIT企業にとって、重要性がますます高まる「人材マネジメント」の方向性を探るべく、「転職志向」「ポテンシャル」「スキルシフト」の視点からIT人材の意識を調査しています。
(当社、経営研レポートIT人材マネジメント、3つの提言 も併せてご参照ください)

 

以上

◆ 本件に関するお問い合わせ ◆

株式会社NTTデータ経営研究所
〔レポートに関するお問い合わせ先〕
  人財・組織戦略コンサルティング本部 
  シニアマネージャー  桃原 謙
  シニアコンサルタント 吉澤 牧人

〔報道関係のお問い合わせ先〕
  マーケティング部 
  井上 国広   TEL:03 (5467)6312